心と体

2011年3月 2日 (水)

ぜんとうきん理論

俺学
だいきょうきん理論
その後のだいきょうきん理論
またまただいきょうきん理論 上腕の凝
4度だいきょうきん理論 拡大する悪果
そして背中合掌へ

以上のように展開してきた「だいきょうきん理論」は発展的というか収束的に次段階へ飛躍することとなった。本論がそれである。

だいきょうきん理論をまとめると、身体前部のコリは身体背部と対称的に対照されるもので、身体背部のコリの原因としては四肢の捻れや疲労が無縁ではなく、肉体の許容範囲を超えると相互に影響し合ってわけわかめとなる。俺学では、そういうことになる。

慢性的な肩こりは運動不足が原因かと考えて定期的な運動を初めて十年、今では俺的肩こりの主原因は眼精疲労であると理解している。運動を行えば、血行が盛んになることにより一時的に緩和されるものの、解消はされなかった。
やや激しさと痛みを増してきた運動が原因として追加されたのではないかと考えもしたが、それも一因ではあるにせよ、仕事による影響――より詳細に述べるならば、コンピュータディスプレイを凝視すること――が最大であるということも経験的にわかった。

独居にて低下した文明レベルは、電子レンジという利器を得て蒸しタオルを実現可能とした。
最初は目蓋のうえに乗せるようにしていたのだが、どうも額に乗せる方が俺学的に真らしい。蒸しタオルを乗せていると、終日、眉をひそめ続けていたんだなあとわかるカンジに、擬音にするなら「ウジュル ウジュル、ウジュル ウジュル ウジュル」な具合に、ほどけていくなにかを感じる。それが首筋や背に、腰に、広がってゆく。
目の疲れから、こめかみや額を揉んだりすることはあった。だが、これほど劇的な効果を体験したことはない。同様に、首筋に暖かいものを当てて横になるのもよいようだ。

長らく腰痛として扱ってきたものが、右股関節の慢性的なコリに由来するらしいこともわかってきている。脇腹の柔軟性についての考察とともに、今後の課題となっている。

2010年8月20日 (金)

ハレの日々。

5日夜、足が疼いていた。
前日の稽古で歩法をハードにやったので、多少キているのだろうと受け止めた。

6日朝、まともに立てないくらい腫れた。足の甲と、アキレス腱のあたりに激痛がある。
それっぽい腫れ方をしていたので、持病の高尿酸血症の発作が出たかと仕事を休み、取り置いていた痛み止めを飲み、湿布を貼って安静にしていた。医者にかかっても痛み止めと尿酸値を下げる薬と小言をもらうだけだとわかっているので、湿布を貼り、保冷剤で冷やして安静を保つ。
絶え間ない激痛のまま休日を過ごし、9日になってもまだ痛い。せざるを得ず、病欠。

10日、なんとか痛みが引いたので出勤。
差し支えありすぎなので、昼休み、心を入れ替えて初診の内科に行く。あらかじめ高尿酸血症を持病にしていることを告げると、医者も得心したのか、血液検査をして、薬を処方してくれた。盆休みに入るというので、結果がわかるのは週明けとなる。
しかし、退社時にはまた、まともに歩けないくらい痛みがぶり返していた。

11日、病欠。
そこの壁の斧で俺の足を断てッ!
激痛もここまで続くといろんなことを思い始める。もういいや、的な。
ここで、ふくらはぎに腫れがあることを認めた。昨日まではなかったように思う。
妙なしこりがあり、その中心に虫に刺されたような跡があるが、刺された覚えはない。
これまでにない症状で、そうと思えば足の甲とアキレス腱というのも、個人的には滅多に症状の出る箇所ではない。
高尿酸血症ではないのかもしれないが、結果は17日にならなければわからない。

幸いなことに職場は12日から夏休み。痛いまま過ごし、14日、ようやく快方を自覚する。痛いが、なんとか普通を装って歩くことはできる。

17日、痛み止めを欠かすとまだ痛いが、妙な腫れはおさまりつつある。
初診の内科にて血液検査の結果を確認すると、尿酸値は高いまま。高尿酸血症の発作が発症したあとは尿酸値はさがるといわれている。ということは、同発作ではないのかもしれない。
医者はこの方面の病状に弱いことを吐露し、症状がピークを過ぎていることから、診断を保留するという。心を入れ替えているので眉をひそめたりはしないが、セカンドオピニオンを何科に求めるべきか考え始めた。

週末に外科にかかろうかと考えていたが、症状は次第に軽減してゆき、いまさら外科でもないのかもしれないとも思う。
19日、湿布を貼りまくっていたためか、腫れのためか、ふくらはぎと足の甲の皮膚がしわしわになっており、日焼けのあとのように皮がむける。
皮膚科なのだろうか。

20日、これまでに稽古日を二回休んでいるので、今日はなんとしても顔を出したい。
無理をしないようにしつつ稽古に参加する。腫れた足を送り足にすると痛い。

久々にKing of Painな日々を送っていた間、いろいろ調べてみたが、蜂窩織炎という症状や、虫さされの症状に似ていると思われた。
その他にも、原因もよくわからず腫れたりというケースがあることや、皮がむけるのは毒素や老廃物が皮膚から抜けていくためだという記述も目にした。

結局、なんなのかよくわからないまま、とりあえず晴れとなりつつあるようだが。
さて、どうしたものか。

2010年7月 2日 (金)

そして背中合掌へ

麻雀とかTRPGとかSLGとか、とにかく座ってナニかすることが多かった学生時代、それほど深刻ではない腰痛が常にあった。
ストレッチをするようになったのはその頃からであり、今でこそ掌がつくくらいには軟体となったが、それ以前は床上20cmという前屈記録を有するほどに剛体だった。

さて、背中で手を握るストレッチがある。右腕を下から、左腕を上から、あるいは左腕を下から、右腕を上から、背中に回して、背中で指先を組むというものである。
これを覚えたのは小学生の頃だと思うが、その当時から、右腕を下にした場合に難を感じていた。まだ若さの残っていた学生時代は、難を覚えながらも実現できていたが、やがて成し難くなり、若さの欠片もなくなった昨今、ついにできなくなってしまった。

かねてより、これに対する方法を探さなかったわけではなく、背中で合掌するのがよいという記述をどこかで目にしていたのだが、これが背中で手を組むよりも難易度が高い。むちゃくちゃ痛いものだった。
これは無理だと諦めていたのだが、どうせなにもしなくても痛いんだからと、発生した痛みはサロンパスでやわらげるッ!つもりでやや強引にこれを実現してみたところ、背中や肩や首の具合がなんかよくなった。
ただ合掌するだけでなく肩を後方に伸ばす具合にするのが、俺学的に適合らしい。

サロンパスなどを併用しつながらのストレッチというのは、存外よいものなのかもしれない。

2010年5月25日 (火)

4度だいきょうきん理論 拡大する悪果

腋窩にコリはできるのだろうか?
肘関節の内側にコリはできるのだろうか?

できる。できるのだ――

 

これまでのこと。

1.大胸筋が凝るという、これまでにない症状を知覚し、その緩和を工夫し始めた。
2.上腕二頭筋背部がこれと連動していることを知覚し、肩こりや歯の痛みとも連動することを自覚した。

大胸筋のコリは、腕部のそれと連動するもので、痛みの直接的な原因ではなく、副産物であることが、これまで明らかになった。大胸筋が凝るような場合、だいたいにおいて背筋の対称箇所(人体を前後で二つに割ったときの)に疼痛があり、肩や鎖骨、頸部にもコリがある。
大胸筋にコリが出るような場合、かなり具合が悪い状態といえよう。

 

大胸筋のコリは、胸筋上部から三角筋へと至る。
小胸筋にも影響がある。

広背筋下部、肩胛骨の下端辺りから、脇腹、肋骨の周辺が凝る。

腹斜筋と大臀筋の間の筋肉、腰痛のときに痛みを自覚するあたりに連動する。

脇腹の凝りは広背筋、僧帽筋に至る。頸部のコリ、頭蓋骨との境目あたりのコリを誘発する。
頭痛、歯の痛みを伴うこともある。

前腕の捻じれは肘周辺に蓄積し、上腕二頭筋背部の凝りとなり、肩から体幹の不具合を誘う。

常態では凹んでいる腋窩および肘関節内側について。腋窩について、腕を頭上へ差しのばすようにすると腋窩の筋肉がわかりやすくなる。肘は伸ばすだけでよい。
当初、痛みはないが、按摩している内にコリっぽい感触と痛みを自覚するようになる。
(参考:腋窩のコ リ解消について

以上は、最新の俺学による俺的不具合連鎖の要約である。
(ご参考:筋肉の名称について

 

肩凝りや腕のコリがかつてないほど悪化している昨今、その原因の最たるは職業的にせざるを得ない姿勢を継続維持してしまうことであるとわかった。
腕をひねったりねじったりするようなこともやっているので、そちらも原因としては少なからずであり、いずれが原因として大なりか判別つき難いところであったが、インターバルがあったことによって確認するに至った。

痛めることがあるとすれば後者だが、コリ化する要因としては前者に比重が大きいようで、なんとかこれを改善せねばならないというところである。

2009年12月11日 (金)

またまただいきょうきん理論 上腕の凝

上腕外部のコリが歯痛の原因となることがあるだろうか?

ある。
あるのだ。

最新の俺学では、そういうことになる。

少年の時に負った頚部のダメージ、いつのまにかそうなってしまった肩コリ体質もあろうが、低気圧の到来などによって失調するようにもなってしまった我が身は、「具合が悪い」原因の特定がひどく困難になってしまっている。風邪のひきかけからこれら不具合が顕著となり、風邪をひくともうどうしようもなくなる。あちこちアレやコレやとなる。
今回は、風邪のひきはじめかと疑った。実際そのようでもあったようだが、そうでなかったようでもある。暖かくすることを徹底したこと、あちこちまさぐって復調を図ったこと、いずれが効いたのかまずは分からなかった。

大胸筋のコリについてはその後、どうも腕と脇由来であることが明らかになった。脇もどうやら腕由来らしく、結論からすると腕の失調が肩コリに連動しているということになる。
肩は上肢のクロスロード、稼働範囲の異なる筋肉が結合する部位である。加えて、腕という重量物を支える部位でもある。軽症の肩コリはおそらく、重量物を支える過負荷として顕現する。

昨今、腕をメンテナンスするようになってから、肩コリの自覚に乏しくなった。時折不意にひどい具合になるが、それは大抵、長時間変な姿勢で寝転がって読書をしたあとや、不可侵宙域のキリコ状態で映像鑑賞をしたあとなどに表れる。
慣習的にコリを感じる部位を揉んでも状況は改善せず、俺学を紐解いて腕やら脇やらをまさぐって常態への復帰を図る。
このような重症の肩コリは、腕の筋肉あるいは骨格の捻じれが原因であると思われる。ねじられる部位は主に手首だが、応力が集中するところは肘周辺で、その辺をいじると、手首の痛みも緩和する。
同様に、肘周辺に発生した応力が肩に悪影響を及ぼし、それは首にまで至り、偏頭痛や歯痛を引き起こすらしい。応力は上腕二頭筋背部全体に蓄積されてゆき、肩にいたる。そんなふうらしい。

手首に対し、急激で極度な負荷がかかることをしているとき、大抵はセットで腰や首にもダメージがくる。それらももちろん無視できるものではなく、背中下部の慢性的なだるさの原因であろう。
肩コリに比べて深刻ではないので、上肢と同様の論展開が下肢にも適用可能であるらしいという程度の追求にとどまっている。

暫定的に復調して原因特定がしやすくなった現在、上腕のコリと歯痛に因果関係が存在する可能性を見出したという次第である。

2009年10月15日 (木)

その後のだいきょうきん理論

肘筋の問題を解決するのに三日くらいかかったことから、面積にしても数十倍と思われる大胸筋はかなりの日数を要すると漠然と考えていた。
効果的な方法はないものかと調べてみたところ、バスト由来の肩こりの要因として胸筋のストレッチを推奨する情報には巡り合えても、「これぞ胸コリ解消法!」というようなものは見受けられない。

男子にしてはバストはあるほうだが、女子のそれ向けにフィットするものではなかろうと考えまた、ストレッチとは柔軟性を高めるためのものであり、同部の柔軟性は比較的良好に保たれている我が身には無縁のものと、初見においてはそう決めつけた。結果からいえばこれは誤りであり、胸筋に男女の別はなさそうだということがわかったことになる。

コリをいじるとき、再現性が高い場合、その部位は副次的な発症である疑いがある。いくら揉みほぐしても、すぐに元の状態に戻ってしまうようなケースだ。こういう場合、原因となる要素が他にあるらしいということがわかってきた。
最近の例で言うと、手指、手首の原因不明の疼痛があり、これは肘周辺をいじることによって緩和・解消した。腰痛には大腿部、足首の痛みは膝という例もある。
そういう部位は、触ってみるまで痛みを感じないようである。触った途端ひどく痛みを感じたりすることもあれば、押しても痛くない、なにも感じない場合もある。なにも感じないというのは、刺激の強度に比して、触ってるというか、圧迫されているという程度の感覚しかえられないことをいう。いじっていると痛みが出ることもあるが、やがて痛キモチいい具合になり、身体に具体的な効果が現れる。
少なくとも、俺学ではそうなるようだ。

さて、大胸筋は。
まずはなにも考えずにゴリゴリやることから始まって、効果はあるが復悪も早いことを知り、先のストレッチを応用して、いわゆる「胸を開く」動作を行うことにした。その上で、コリを感じる部位を触診で探し、いじった。いじり倒した。
胸筋のある部位を押すと、背筋や首筋にびりびりと伝わってくるものがある。繋がっていることがわかるようなアレで、少しだけアミバのキモチが分かった気になるような俺デク感を満喫しつつ、一月ほどの試行錯誤の結果、肩コリ、首のコリが久しくなかったほどに快調となった。
適度に柔軟であると考えていた肩の柔軟性が向上し、というか、スペックに近い性能を発揮するようになったと考えるべきか、コリが原因で著しく稼働性能を欠いていた首の動きもマシになった。
まだ違和感があるが、いじり方が足りないのか、他の要因に依るのかは不明である。

四十肩とか五十肩とか詳しいことは知らないが、大胸筋由来とかあったりするのかなと思ったり思わなかったりしたことは余談である。

2009年9月17日 (木)

だいきょうきん理論

 すべてをプラズマで説明できると言いきった男がいた。その真偽は長らく興味の外にあったが、そういうこともあるかもしれないと思うようになった。
 というのも、現在の俺様ちゃんの身体に発現している不具合は全て、大胸筋のコリで説明できることが分かったからだ。

 首のコリの原因も大胸筋。
 肩甲骨下部の痛みの原因も大胸筋。
 手首の稼働阻害および痛みの原因も大胸筋。
 脇腹のツッパリ感の原因も大胸筋。
 突き動作による肘部発痛の原因も大胸筋。

 鎖骨の根元、胸骨との連結部といえる箇所の直下に、骨のような手ごたえのナニかがある。先ごろ足首周辺や肘筋に覚えた触感と似たものである。コレをちょっとゴリゴリやったら、上記列挙箇所の具合がよくなり、気分も爽快になった。胴体前面のコリが背面の痛みの原因になっていることもやや驚きだったが、手首や肘とも関連するとは意外に過ぎた。

 どこか不具合箇所を改善してはまたどこかに発現ということを繰り返している昨今だが、根本的な原因としてはおそらく、長きにわたる騎乗活動によるものが大なりであろうと推察している。

2009年8月27日 (木)

俺学

少林寺拳法の技術の特徴は、故障箇所にもよく現れている。
我が身の場合、それは手首であり、おそらくそれが原因で各指の関節痛に拡大している。
平時はどうということなく、稼動させることによって発生する痛みであり、つき指や骨折ではない。原因不明のまましばし過ぎ、痛みが耐えがたくなり、否応なしに対処を迫られて、特にそれがよいと思ったわけではなく、腕を揉んでみた。前腕には痛みはなく、ただパンパンになっているという具合だけは感じていた。

揉んでみれば、前腕前部肘直下にひどいコリがあり、これを躍起になってほぐしたところ、思いがず手首や拇指の関節痛が緩和した。
指の各関節にも対応しているようで、肘に近いほど指の根元関節(MP関節)、手首に近いほど指先の関節(IP関節)というふうになっているようである。これは、同操作によって、拇指を握りこんで拳を作るだけで生じていた拇指IP関節痛が緩和したという体感に基づくもので、学問的裏づけのあるものではないことを付記する。

先日、唐突に足首が痛くなった。挫いたような痛みである。
稽古の日だったが、特にハードなことをしたわけでもなく、ひねった覚えもない。アレコレ試すうちに、膝下部、ちょうど手首に対する肘下部のそれと対応する部位が硬く凝っていることがわかった。二日がかりでオラオラとほぐしていき、今は具合がよい。
最近は、風邪のひきはじめを感じては両耳下部を揉むということをして、サンプリングが乏しいため効果の実態は不明であるが、症状を抑制、緩和あるいは先延ばしにできることを知った。

肘の周辺。膝の周辺。頸部。
この辺りには、当流が急所と認定する箇所が幾つもある。これは東洋医学と通じるものであり、大雑把に理解したところによれば、痛打すれば急所となり、按摩すればツボとなる。
これを利用する技術の本格的修行は当流三段からの科目にあるが、故障は日々起こっている。それまで待っていられない。

かつては各種マッサージに依存していたが、それらでは対症・根治を強く実感できなかった。
そんなこともあって、根本的な不健康があり、それが弱った部位に発露していると思わなくもないが、根治を求めるすべもなければ俺専用素人療法を編むしかなかろうと感じる次第である。

2009年6月17日 (水)

拇指関節痛

数か月ものあいだ、継続的に、拇指の付け根、手首部の関節、大菱中手関節という部位が痛みを発しつづけていた。
何もしていなくても疼痛、拳を握るだけではっきりとした痛みになり、少年の抜き技にすら顔をしかめるほどのものとなる。

これまでになかったことで、身体を痛めつけることをやっているのだからこういうこともあろうかと、かばいつつ治癒を待ったのだが一向に改善しない。関節痛ならば、その周辺部位の消炎、あるいはマッサージにて解消することを体感していたが、それも効果なし。
年甲斐もないことをやっているからかと、休養、あるいはこの道の断念も念頭に浮かび始めていた。

現在の職場には、来客が多い。法務局とか税務署とか、長い付き合いのあるらしい会社社長が雑談しに来たりと、規模に似合わずの出入りがある。
来社したとある会社社長が、雑談の最中に職場の社長が訴えた肩の凝りをほぐしてやろうと肩もみを始めた。
「ここも効くんだよね」
と、肩から腕に施術を移す。腕橈骨筋という箇所だ。

この部位の緊張緩和が、ある種の疲れに効果的であることは知っていたが、我が拇指の痛みの原因がここにあるとは考えていなかった。
社長たちの親密なスキンシップを目の当たりにしながら、それがあったかと首肯しつつ、自らに施そうと触れてみれば、ぱんぱんに凝りまくっており、ちょっと押すだけで痛い。

軽くほぐしてみれば劇的に効果あり。
痛い箇所に原因がないというのも、年齢効果と覚えた次第。

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック