パソコン・インターネット

2017年7月15日 (土)

Raspberry Pi Kernel 4.9

本年初頭、sudo rpi-update を行ったところ、実装したプログラムが動かなくなった。調べてみると Kernel のバージョンが4.9になったことが原因だという。当時の調査では対応策が見いだせず、Kernel のバージョンを4.4.x に戻すことで復旧した。
幾度か調査ないし再度の sudo rpi-update を試したが、4.4.x と 4.9 にはある種の断絶があること、OS的にはこれが補完されることはなさそうだということが分かっただけだった。

以後放置してしばし、こんな記事を見つけた。

記事中の「WiringPi2-Pythonのインストールコマンド」を実行し、プログラムで利用していた wiringpi を wiringpi2 に置き換えることで、とりあえず動くようになった。シフトレジスタを利用している個所で、"This channel is already in use, continuing anyway.  Use GPIO.setwarnings(False) to disable warnings." が表示されるものの、動いてはいる。とはいえこれにより、サーボではないモーター駆動がうまくいっていない雰囲気で、調査中。
近頃使っていないが、WebIOPiも動かなくなってしまい、調査中。

Kernel 4.9 への移行はセキュリティの問題から断行したということらしい。個人的に思うことは、もし自身がこのタイミングでラズパイでIoTに取り組みはじめていたならば、あるいは挫折していたかもしれないということだ。困ったもんである。

2017/07/21追記:
自作プログラムにおける根本的な問題が、wiringpi が提供する gpio コマンドにあることがわかった。上に示した記事中には wiringpi/gpio のアップグレードは含まれていない。

su - して cd /usr/local/src して、以下の手順を実行した。なお、sudo権限を持つ一般ユーザではうまくいなかなった。

・wiringpi 2.44

# git clone git://git.drogon.net/wiringPi
# cd wiringPi
# ./build
# sudo reboot


・wiring-python 2.44

# git clone --recursive https://github.com/neuralpi/WiringPi-Python.git
# cd WiringPi-Python/WiringPi
# wget https://raw.githubusercontent.com/neuralassembly/raspi/master/wp-pwm-warning.patch
# patch -p2 -i wp-pwm-warning.patch
# sudo ./build
# cd ..
# swig2.0 -python wiringpi.i
# sudo python setup.py install
# sudo python3 setup.py install

以下、参考にしたサイト。

e電子工房

はじめまして。 PICerFTを作成し色々なPICでテストをしていますが、古いデバイスでの使用ができません。 具体的には12F675と16F877Aが使えず、 ・12F683を使った後に12F675に刺し変える→Eraseが「接続失敗!」になる ・16F917を使った後に16F877Aに刺し変える→Erase直後のCheckが「ブランクではありません」になる という症状が出ています。 ...


/proc/cpuinfo reports BCM2835 on 4.9 kernel, causing unworking wiringpi · Issue #47 · WiringPi/WiringPi-Python

First, thanks for your work. I get one big issue on a fresh raspberry pi2 archlinux arm, coming with 4.9.13 kernel. The /proc/cpuinfo reports now hardware as BCM2835 : processor : 0 model name : AR...

以上のことを行い、WebIOPiによるサーボモータ制御プログラムは当初の実装のまま手を付けず、動作することを確かめた。

サーボでないモータ制御がうまくいっていなかったのは、GPIO.cleanup()が実行されていなかったからで、これはデーモン化した自作プログラムの終了処理がまずかったことになる。kernel 4.4 のときはうまくいってたプログラムなのだが・・・
根本的解決は果たせていないが解消方法はみいだせた、というところ。

ひとまずkernel 4.9.37 対応完了。やれやれ。

2017年7月 8日 (土)

Windows10再インストールのこと

自宅PCは2016年4月ごろにWindows10にしてくれちゃった事件に遭遇し、Windows10になっている。
Windows7の時から若干調子が悪かった。というか、購入直後から調子が悪く、ブートドライブの交換(SSDからHDDへの換装)を一度、Windows7の再インストールは数度やった覚えがある。ついでに、GPUも二度くらい換装している。

Win10にしてくれちゃってから、およそ1年。特に大きな問題もなく動いていたが、近頃不調を訴えはじめ、本日、OSが逝った。

発端は2017年5月のPC TV PlusとnVidiaのドライバ絡みで発生していたと思われる不具合からと認識している。いろいろとやってはみたものの、根本的な解決はできていなかったことになる。

2017年6月には、PCがスリープから復帰したのち、ログインできなかったりできたりという現象を醸すようになった。原因は不明だが、できない場合はネットワークを認識していないことを確かめた。ブートにやたらと時間がかかるので、平日には何度も確認できない。というかする気力がわかない。
ログインできた時も、NASを認識したりしなかったり、他PCの共有フォルダに接続できなかったりする。
デバイスマネージャ、ネットワーク接続、コンピュータの管理、コマンドプロンプト(管理者)の起動に数時間かかったり、ついには起動しなかったりもする。

運よく起動したときに確かめたが、NICのデバイスドライバは異常なし。NICを換えても再現する。sfc /scannnow では異常なしとなる。

セーフモードからあれこれやってみたりとかしたが、ネットワーク使用セーフモードを選択したりすると起動したりしなかったり。

これまた運よくサービス画面が起動したときに確認すると、SSDP Discovery が開始中になったままになっている。これなのか? しかし、操作できない。世間知では無効にしてよいサービスの一つとなっているようだが、無効にもできない。

あれこれやってるうちに、いつしかタスクトレイのネットワークに「機内モード」が表示されるようになった。デスクトップPCですぜ、MSのダンナ。有線接続してるPCですぜ、MSのダンナ。

なんでもいいから片っ端から試すしかない、でもできれば再インストールとかしたくないくらいに追い詰められて、以下の記事を参考に DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth を実行したらお亡くなりになった。現象を述べると、ネットワーク接続がOKだったりNGだったりするのは事前事後で変わらず、ログイン後、マウスカーソルのみ表示されるようになった、ということになる。

【保存版】Windows10で不具合・フリーズ...トラブルの対処法は? - NAVER まとめ

もうダメぽなカンジ。Win95の時代にはよくあったような気がする。
次に試したのはシステムの復元。
今までこれをやったことがない。Win7の時代に、やっても無駄という言い伝えを聞いていたからだ。Win10ではどうか。
はなから期待していなかったが、やっぱりダメだった。

もうこれしかないというカンジで、データを残して再インストールを行い、今に至る。
PC本体の故障ではなかったようで、問題なく動いている。

Win10の再インストールは初のこと。「削除されたアプリ.html」というファイルがデスクトップに作成されたので、これを見ながらゆっくり復旧中。

2017年7月 7日 (金)

読物 『体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方』

Mosaicとかが新しかった頃に触れ、Perlがサーバサイドの主流となりつつあるときに離れた者が、Webアプリケーション作成に際してどんな気遣いが必要なのか知るためには必須の書といえる。

2011年発刊ゆえ、記されたことのいくつかは現行のWebブラウザでは再現しない。いくつかは、今なお再現する。
個人的にWebという技術に抱かされている名状しがたい不信感は、こういうところにあるような気がする。Windowsのアレコレには大いなる不満を抱かされつつも仕方ねえと思えるのに、実に不思議なことだ。

2017年5月27日 (土)

nVidia由来のPC TV Plus不具合

PC TV Plusは定期的に不調になる。今回の不具合は、再生が突然停止する、音声がおかしくなる的なもので、ようするに視聴できない。

結論から言うと、nVidiaの5/22付ドライバ382.33を適用し、問題は解決した。


さて、これまで被ったトラブルの原因はVirtual PC的なモノとの干渉と、nVidiaドライバとの相性だった。

毎度毎度原因の特定が難しいPC TV Plusの不具合だが、今回は(1)PC TV Plusと(2)nVidiaのドライバアップデート、(3)DRScannerのインストールが重なり、やっぱり原因の特定をしかねていた。nasneを接続しているPS3で視聴すればいいやと放置していたわけだ。

(1)(2)の時点ですでにおかしかったのだが、視聴できたりできなかったりというカンジでどちらが原因かわからなかった。nVidiaのドライバアップデートでPC TV Plusに影響が出たので、それに対策するPC TV Plusのアップデートがなされたという情報をつかんだが、つかんだ時点で俺環に適用したアップデートの順は逆(nVidia -> PC TV Plusではなく、PC TV Plus -> nVidiaの順にアップデートしていた)になってしまっていた。

以後、二度くらいnVidiaのドライバアップデートがあり、その間(3)を行って、症状が悪化していったように思う。(3)を疑ったのは、PC TV Plusはネット越しになにやらやらかしている気配があるので、ネットワーク環境を監視する同ソフトウェアが影響しているのではないかと思ったわけだ。思っただけだけど。

これぞという情報に巡り合えず解決を先送りにしていたが、「nVidiaのドライバがWindows 10 Creatorsに特化したものとなっている」「378.92にダウングレードして問題解決した」という情報に巡り合い、試してみる気になった。
その前に382.33ドライバの適用をまず試してみたところ、とりえあえずPC TV Plusで問題なく視聴できたという次第。

以下余談。
Windows 10にされちゃってから一年以上が経過するが、半年前くらいからフリーズするようになり、Windows95時代に逆行した観がある。XPや7は世間が安定したと囁きはじめてから導入したので、個人的には非常に安定していたOSだという印象がある。
10にはいつ安定感が得られるのだろうか。

2017年1月19日 (木)

PC TV Plus ――『番組データ準備中です。しばらく経ってからもう一度お試しください。』

ある日突然、nasne上の録画データの書出・移動ができなくなった。SeeQVault規格のHDDを入手して後のことだから、2016/12/21あたりはできていたことになる。
余談だが、PCからSeeQVault HDDへの書出しができないこともある。これは再生有効期限の更新を辛抱強く待てば解消される。

さて、メッセージの内容がタイトルのようなものなのでしばらく待ってみたがソニーがいうところの「しばらく」は解消されないことを意味するらしいことが別件からも明らかになりつつあるので症状を探ってみることにした。

ある例によればVirtualBoxをアンインストールしたら問題解消したという。当環境にはVirtualBoxはインストールしていないが、似たような競合を起こしうるとすれば常駐ソフトであろうとあたりをつけてみれば、VMWareというのがタスクトレイに存在した。

なんぞこれ?

そういえば、年末にiOS環境をWindows上に構築する術はないか模索したときに、これ系のVirtualコンソールをインストールしてLeopardを正規購入する方法があるとかいう情報を得てなにかしら操作していたことを思い出した。
必要は解消されiOS on Windowsは不要になったが、害はあるまいとVMWareをインストールしたままであることを失念していた。

VMWareをアンインストールしたら、書き出しするようになった。
こういう情報はネットに存在していてもデベロッパーには届いていないことがある。当方が接した情報は2015年に記述されたものだが、現在に至るも解消されていない。
技術的な問題かもしれないしそうでないかもしれない。
そう思いソニーに報告してやろうと思ったがサイトに接続できないのでやめた。

2017年1月 7日 (土)

Pi-Holeのこと

近頃はAWS適用前のテストサーバとしてしか活用していなかったRPiになにか付け加えたくなって、いろいろと物色していた。

まず、Zabbixを導入してみたがいまいち使いどころがない。ネットワーク監視を可視表現してくれるツールを探してのことだったが、いまいち目的にあってないっぽい。

そんなとき、投稿の80%は罵詈雑言で満たされている情報サイトで、WEB広告をブロックする仕組みがあることを知り、特に必要というわけでもなかったが試してみることにした。

導入はいたって簡単。
RPiでなにかするときは事前にしておくべしとされるapt-get updateやらapt-get upgradeにはとても時間がかかるが、機能の導入そのものは参考記事の通りに行って、10分程度で完了する。

将皇のような広告まみれのサイトもほぼまっさらに表示される。
広告が掲載されているWEBサイトを開くたびになにやらログインを求めるポップアップが表示されて、これはこれでウザい。広告とどっちがマシかというカンジ。

加えて、ココログにログインができなくなるという副作用が生じた。
同機能のWhite ListにサイトのURLを記載してみたがNGで、どうしてくれようかちょっと悩み、試しにChromeのシークレットウィンドウで表示させたら問題が解決したので、しばらく様子を見てみようと思う。


2016/01/11追記:
使用開始してから3日、唐突にこのマヌケはlocalhostをblockしやがったので、もう使ってあげない。

2016年12月21日 (水)

SeeQVaultのこと

PC TV Plusを起動したらSeeQVault Player Plusを宣伝しやがったので、どんなもんかと試すためにUSB HDDを購入してみた。
そのうち容量問題に遭遇することが予測されている。PC TV PlusからBDに書き出したモノが再生できないという問題がある(PC TV with nasneを導入した当時はこれができていた)ため、他の方法を模索していた。

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 2TB テレビ録画/SeeQVault/USB3.0対応 日本製 AVHD-P2UTSQ
まずはこの製品について。
選んだ理由としては、Sonyの関連機器情報に載っていたことに尽きる。AV機器で録画したのはエヴァが最後で、AV機器を自分で選定するなどそれをさらに遡るため、どれが適当であるかあまり悩みたくなかった。悩むと購入に至らない可能性が高い。
とはいえ、手間を惜しんでちょっと後悔している。上記リンクだと1TBと2TBのモデルしかないが、アマゾンの別のページだと3TBと4TBモデルが載ってる。どういうことだよ(ノ゚д゚)ノ 彡┻━┻

さて、付属の紙面マニュアルにはTV的なものと接続する説明しか載っておらず、PCへ接続する場合はIO DATAのサイトを参照せよという。参照した資料によると、同サイトからフォーマッタをダウンロードせよという。OK。

フォーマットできねえ。

何度試しても、どんなオプション設定でも、「ドライブレターが云々」の一点張り。試しにWindows標準のフォーマット機能で実行してみたらうまくいったので、とりあえず先に進む。


次にPC TV Plusのこと。
Sonyの宣伝ページにはHDD機器に施すべきフォーマットの種類について記述されておらず、IO DATAのページには機器に対して可能なフォーマットの種類しか書いてない。なにを指定してよいのかわからない。
前述のWindowsによるデフォルトフォーマット(NTFS)ではNGで、exFATを選択する必要がある。
USB HDDへの書き出しはPC TV Plusから行うが、いざ書き出しという段になってexFAT以外はうけつけないとぬかしたのだ。


次にSeeQVault Player Plusのこと。
未フォーマットのままUSB HDDをPCに接続した状態では認識しない。してるのかもしれないが画面に何も表示されていないのでわからない。HDDをフォーマットした直後も同じ。このため、フォーマットの種類をいろいろ試すことになった。PC TV Plusと似たような操作性ならば機器を選択する操作が存在すると思ったのだが、どうも自動認識であるらしい。
PC TV Plusで録画した番組を書き出した後、SeeQVault Player Plusを起動すると書き出されていることが分かる。この時も、書き出した番組一覧が表示されないことがあり、そんなときは更新ボタンで表示をリフレッシュする必要がある。

初期導入時にはガイダンスがあった方がいいんじゃないかね。宣伝するくらいの商品ならさ。



最後にこれらの連動のこと。
PC TV Plusを起動していると、SeeQVault Player Plusが使えない。
SeeQVault Player Plusを起動していると、PC TV Plusが使えない。
なんか微妙なアレがあるんだろう、SeeQVaultという規格には。同時にアクセスできない記録装置なんて30年は時代を逆行してる。

PC TV PlusからUSB HDDに書き出すと、PC TV Plusが操作不能になる。今のところ100%。
追記:PCからUSB HDDに書き出す場合に限るようだ。nasneからUSB HDDに書き出す場合はその限りではないようだ。

総論としては、便利なようで微妙に使いにくい、というところ。


余談だが、PC TV Plusもどんどん使いにくくなってる。
検索がアホなのはSonyの伝統らしいのであきらめるしかないにしても、起動時に重いのはHome画面に表示する情報をいろいろ取得してるからだろう。Home画面への番組ガイド非表示オプションを設けてもらえないものだろうか。

2016年12月 4日 (日)

すまーとほーむの回路図

RPiの配線を日々眺めていて、なにかあったら復帰はできまいと思っていた。
ソフトウェアはバックアップが容易であり、復旧についてもよほどのことがない限り、面倒ではあるが容易である。

ハードウェアはしかし。

配線図とか回路図のようなものを作成しようと思いたち、ツールを探してみたところ、近頃DYI的IoTな記事でよく見かける機器構成図を作成するツールを見つけた。

Visio以来のデカルチャーで、さくさく作れる。こういうツール、大好き。

しかし、実装している電子部品が、Fritzingのパーツとして登録されていなくてややハマる。似たような部品で代用しようと思ったが、見た目だけでも合わせておかないと目的にそぐわない。すなわち、復旧時にあれこれなんだっけ?となる率が下がらない。

ということで、以下4つほど部品を自作した。

  • 温湿度・気圧センサモジュール(AE-BME280)
  • 赤外線リモコン受信モジュール(PL-IRM2161-XD1)
  • 16x2LCDモジュール(SC1602BSLB)
  • CPUファン

コネクタが機能すればよしという出来で、回路図を起こすことは考えていない。

一日くらいかけて図を作成した。外部電源と装置のボードが分かれているのは、電源にぁゃιぃ製品を使用しているためである。
一カ月以上電源投入しっぱなしという実績はある。以前故障したときも、スイッチ周辺で通電しなくなったようなので問題はないと思うのだが・・・後の課題として保留中。

Homeservice_6

2016年11月16日 (水)

AWS雑感

近頃は故あってAmazon Web Service(=AWS)をいじってる。

一年間は無料で使えるということだったので、悶えながらいろいろやってみたのだが、$3くらい請求が来ちゃってアレってカンジ。んで、今月の使用分は$12になるっぽい。

無料で使える枠があるようなのだが、サービスのカテゴリによって記載されていたりいなかったりする。RDSというデータベースサービスは無料ではなく、EC2におけるt2.microというカテゴリも無料ではないということは理解した。後者については無料って書いてあるのに。

Webで拾える情報は新旧混交(Amazonが提供しているWebドキュメントすら実際のUIと異なる)で、現行サービスのありようと対照しつつのこととなり、ゼロからのスタートではかなり難儀するシロモノであることを実感している。Webの情報が古いのだから、書籍もちょっと手を出す気になれない。苦しんだなりに慣れて勘所は得たので、書籍はもういいかという気分でもある。

さて、AWSとは、サーバと呼ばれるカテゴリのコンピュータが担うのが適当と思われる機能をクラウドで提供するサービスだ。
古来Webサーバを立てるとなると、自ら機器を入手してドメインを入手してという機器やらサービスやらの調達が必要だった。それがプロバイダのサービスなどによって、自由度を欠くものの、調達を免れられるようになった。AWSは調達不要で、ほぼ自由自在である。

機器の調達の代わりに発生するのが使用量に応じた課金となるわけだが、使用量に応じたコストにできるっぽいので規模の調整も従来と比べて容易であろう。メモリやHDDを増やすだとかいうことになると資産にかかわることになるのでいろいろと面倒っぽいが、これを避けることができる。一度機器を購入してしまえばスペックダウンをすることはまずないが、必要に応じてスペックダウン=コストダウンを図ることもできるっぽい。
リスクを考えればキリがないが、こんなカンジならばクラウドもありなのではないかと思える。

やったことといえば、DBと連動したWebサーバを用意して、小さなWebサービスを作った程度で、いっぱいあるAWSのサービスカテゴリからすると3つくらいちょっとかじった程度。EC2とEBとRDS。

Rpiで遊び始めたとき、Pythonを選択するか、PHPを選択するか、ちょっと考えたことがあった。未知の言語をいきなり二つという事態は避けたかったからだ。参考にした情報がそれを扱っていたという理由でPythonを選択したが、諸事情により今PHPを学ぶ必要に駆られ、あああの時と思ったり思わなかったり。
PythonもPHPも短い経験しかないが、Pythonのほうがデバッグしやすくて開発しやすい印象である。

とてもどうでもいいことだが、今季やってるアニメで『ステラのまほう』というのがあり、完全にスルーしていた。なにかで同作品が「PHPとObjective-Cをそこはかとなくディスっていく」らしい作品であることを知り、今かなりそそられている。俺もちょっとPHPをディスりたいので、どんなふうにディスってるのか興味がある。
アニメを途中から見るのも何なので、原作コミック4巻を読むことになるやもしれぬ。

2016年10月26日 (水)

ローテクなIoT

近頃は新しいネタもなくて別件の調査用にサーバとして使用しているが、いくつか機能追加してはいる。

20161026_01

その一、Fan Kicker。
回ったり回らなかったりするCPU Fanに業を煮やし、Fanに軽く触れる程度の物理的干渉を行う装置を取り付けた。マブチモータ的なものとタミヤのギヤボックスの組み合わせにささやかな自作パーツを取り付けたものだ。
どんな方法で取り付けるのがよいか試行錯誤したが、タミヤのギヤボックスで事足りた。

余談だが、当方の行動範囲内では今どきこのようなものはいわゆる模型店では入手できず、郊外の大型のホームセンターにあるかないかというありさまだった。各筋には、IoTが流行りのうちにうまく乗っていただき、手軽に見比べられるようにしていただきたいものである。

きちんと回るっぽいFan付きのRPi用ケースを買った方が安かったかもしれないが、マブチモータ的なものを制御する目的もあったのでよしとする。
モータのコントロールについては仕組みを誤解していた。GPIOでHIGH=ON、LOW=OFFと考えていたのだが、回転させるためにはHIGHでループ処理をする必要があるっぽい。
同ギヤボックスを中速にして0.5秒程度通電すると60度くらい回転する。

その二、シフトレジスタ。

74HC595N レジスターDIP-16 (5個セット)
Fei-02
売り上げランキング: 38,473

GPIIO不足を感じて試してみたが、現在の機器構成ではモータの正回転と逆回転の制御と、モータを回す条件を可視化するためにつけたLEDのON/OFFにしか役に立っていない。

その三、外部電源。

マザーツール GF12-US1210 ACアダプター
eyeya
売り上げランキング: 17,706

以前12V3Aで試して即滅したものを、12V1Aのアダプタで再挑戦した。現在のところ、上記Fan KickerとLED、以前に実装したサーボモータの駆動用としている。
通電したりしなかったりしたが、プログラムや自作回路の試行錯誤中であったため、原因がいずこにあるかわからない。いまのところ安定している。

サーボモータ用にブレッドボードを一枚使用しているが、これを簡略化することが課題といえば課題か。

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック