パソコン・インターネット

2017年1月19日 (木)

PC TV Plus ――『番組データ準備中です。しばらく経ってからもう一度お試しください。』

ある日突然、nasne上の録画データの書出・移動ができなくなった。SeeQVault規格のHDDを入手して後のことだから、2016/12/21あたりはできていたことになる。
余談だが、PCからSeeQVault HDDへの書出しができないこともある。これは再生有効期限の更新を辛抱強く待てば解消される。

さて、メッセージの内容がタイトルのようなものなのでしばらく待ってみたがソニーがいうところの「しばらく」は解消されないことを意味するらしいことが別件からも明らかになりつつあるので症状を探ってみることにした。

ある例によればVirtualBoxをアンインストールしたら問題解消したという。当環境にはVirtualBoxはインストールしていないが、似たような競合を起こしうるとすれば常駐ソフトであろうとあたりをつけてみれば、VMWareというのがタスクトレイに存在した。

なんぞこれ?

そういえば、年末にiOS環境をWindows上に構築する術はないか模索したときに、これ系のVirtualコンソールをインストールしてLeopardを正規購入する方法があるとかいう情報を得てなにかしら操作していたことを思い出した。
必要は解消されiOS on Windowsは不要になったが、害はあるまいとVMWareをインストールしたままであることを失念していた。

VMWareをアンインストールしたら、書き出しするようになった。
こういう情報はネットに存在していてもデベロッパーには届いていないことがある。当方が接した情報は2015年に記述されたものだが、現在に至るも解消されていない。
技術的な問題かもしれないしそうでないかもしれない。
そう思いソニーに報告してやろうと思ったがサイトに接続できないのでやめた。

2017年1月 7日 (土)

Pi-Holeのこと

近頃はAWS適用前のテストサーバとしてしか活用していなかったRPiになにか付け加えたくなって、いろいろと物色していた。

まず、Zabbixを導入してみたがいまいち使いどころがない。ネットワーク監視を可視表現してくれるツールを探してのことだったが、いまいち目的にあってないっぽい。

そんなとき、投稿の80%は罵詈雑言で満たされている情報サイトで、WEB広告をブロックする仕組みがあることを知り、特に必要というわけでもなかったが試してみることにした。

導入はいたって簡単。
RPiでなにかするときは事前にしておくべしとされるapt-get updateやらapt-get upgradeにはとても時間がかかるが、機能の導入そのものは参考記事の通りに行って、10分程度で完了する。

将皇のような広告まみれのサイトもほぼまっさらに表示される。
広告が掲載されているWEBサイトを開くたびになにやらログインを求めるポップアップが表示されて、これはこれでウザい。広告とどっちがマシかというカンジ。

加えて、ココログにログインができなくなるという副作用が生じた。
同機能のWhite ListにサイトのURLを記載してみたがNGで、どうしてくれようかちょっと悩み、試しにChromeのシークレットウィンドウで表示させたら問題が解決したので、しばらく様子を見てみようと思う。


2016/01/11追記:
使用開始してから3日、唐突にこのマヌケはlocalhostをblockしやがったので、もう使ってあげない。

2016年12月21日 (水)

SeeQVaultのこと

PC TV Plusを起動したらSeeQVault Player Plusを宣伝しやがったので、どんなもんかと試すためにUSB HDDを購入してみた。
そのうち容量問題に遭遇することが予測されている。PC TV PlusからBDに書き出したモノが再生できないという問題がある(PC TV with nasneを導入した当時はこれができていた)ため、他の方法を模索していた。

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 2TB テレビ録画/SeeQVault/USB3.0対応 日本製 AVHD-P2UTSQ
まずはこの製品について。
選んだ理由としては、Sonyの関連機器情報に載っていたことに尽きる。AV機器で録画したのはエヴァが最後で、AV機器を自分で選定するなどそれをさらに遡るため、どれが適当であるかあまり悩みたくなかった。悩むと購入に至らない可能性が高い。
とはいえ、手間を惜しんでちょっと後悔している。上記リンクだと1TBと2TBのモデルしかないが、アマゾンの別のページだと3TBと4TBモデルが載ってる。どういうことだよ(ノ゚д゚)ノ 彡┻━┻

さて、付属の紙面マニュアルにはTV的なものと接続する説明しか載っておらず、PCへ接続する場合はIO DATAのサイトを参照せよという。参照した資料によると、同サイトからフォーマッタをダウンロードせよという。OK。

フォーマットできねえ。

何度試しても、どんなオプション設定でも、「ドライブレターが云々」の一点張り。試しにWindows標準のフォーマット機能で実行してみたらうまくいったので、とりあえず先に進む。


次にPC TV Plusのこと。
Sonyの宣伝ページにはHDD機器に施すべきフォーマットの種類について記述されておらず、IO DATAのページには機器に対して可能なフォーマットの種類しか書いてない。なにを指定してよいのかわからない。
前述のWindowsによるデフォルトフォーマット(NTFS)ではNGで、exFATを選択する必要がある。
USB HDDへの書き出しはPC TV Plusから行うが、いざ書き出しという段になってexFAT以外はうけつけないとぬかしたのだ。


次にSeeQVault Player Plusのこと。
未フォーマットのままUSB HDDをPCに接続した状態では認識しない。してるのかもしれないが画面に何も表示されていないのでわからない。HDDをフォーマットした直後も同じ。このため、フォーマットの種類をいろいろ試すことになった。PC TV Plusと似たような操作性ならば機器を選択する操作が存在すると思ったのだが、どうも自動認識であるらしい。
PC TV Plusで録画した番組を書き出した後、SeeQVault Player Plusを起動すると書き出されていることが分かる。この時も、書き出した番組一覧が表示されないことがあり、そんなときは更新ボタンで表示をリフレッシュする必要がある。

初期導入時にはガイダンスがあった方がいいんじゃないかね。宣伝するくらいの商品ならさ。



最後にこれらの連動のこと。
PC TV Plusを起動していると、SeeQVault Player Plusが使えない。
SeeQVault Player Plusを起動していると、PC TV Plusが使えない。
なんか微妙なアレがあるんだろう、SeeQVaultという規格には。同時にアクセスできない記録装置なんて30年は時代を逆行してる。

PC TV PlusからUSB HDDに書き出すと、PC TV Plusが操作不能になる。今のところ100%。
追記:PCからUSB HDDに書き出す場合に限るようだ。nasneからUSB HDDに書き出す場合はその限りではないようだ。

総論としては、便利なようで微妙に使いにくい、というところ。


余談だが、PC TV Plusもどんどん使いにくくなってる。
検索がアホなのはSonyの伝統らしいのであきらめるしかないにしても、起動時に重いのはHome画面に表示する情報をいろいろ取得してるからだろう。Home画面への番組ガイド非表示オプションを設けてもらえないものだろうか。

2016年12月 4日 (日)

すまーとほーむの回路図

RPiの配線を日々眺めていて、なにかあったら復帰はできまいと思っていた。
ソフトウェアはバックアップが容易であり、復旧についてもよほどのことがない限り、面倒ではあるが容易である。

ハードウェアはしかし。

配線図とか回路図のようなものを作成しようと思いたち、ツールを探してみたところ、近頃DYI的IoTな記事でよく見かける機器構成図を作成するツールを見つけた。

Visio以来のデカルチャーで、さくさく作れる。こういうツール、大好き。

しかし、実装している電子部品が、Fritzingのパーツとして登録されていなくてややハマる。似たような部品で代用しようと思ったが、見た目だけでも合わせておかないと目的にそぐわない。すなわち、復旧時にあれこれなんだっけ?となる率が下がらない。

ということで、以下4つほど部品を自作した。

  • 温湿度・気圧センサモジュール(AE-BME280)
  • 赤外線リモコン受信モジュール(PL-IRM2161-XD1)
  • 16x2LCDモジュール(SC1602BSLB)
  • CPUファン

コネクタが機能すればよしという出来で、回路図を起こすことは考えていない。

一日くらいかけて図を作成した。外部電源と装置のボードが分かれているのは、電源にぁゃιぃ製品を使用しているためである。
一カ月以上電源投入しっぱなしという実績はある。以前故障したときも、スイッチ周辺で通電しなくなったようなので問題はないと思うのだが・・・後の課題として保留中。

Homeservice_6

2016年11月16日 (水)

AWS雑感

近頃は故あってAmazon Web Service(=AWS)をいじってる。

一年間は無料で使えるということだったので、悶えながらいろいろやってみたのだが、$3くらい請求が来ちゃってアレってカンジ。んで、今月の使用分は$12になるっぽい。

無料で使える枠があるようなのだが、サービスのカテゴリによって記載されていたりいなかったりする。RDSというデータベースサービスは無料ではなく、EC2におけるt2.microというカテゴリも無料ではないということは理解した。後者については無料って書いてあるのに。

Webで拾える情報は新旧混交(Amazonが提供しているWebドキュメントすら実際のUIと異なる)で、現行サービスのありようと対照しつつのこととなり、ゼロからのスタートではかなり難儀するシロモノであることを実感している。Webの情報が古いのだから、書籍もちょっと手を出す気になれない。苦しんだなりに慣れて勘所は得たので、書籍はもういいかという気分でもある。

さて、AWSとは、サーバと呼ばれるカテゴリのコンピュータが担うのが適当と思われる機能をクラウドで提供するサービスだ。
古来Webサーバを立てるとなると、自ら機器を入手してドメインを入手してという機器やらサービスやらの調達が必要だった。それがプロバイダのサービスなどによって、自由度を欠くものの、調達を免れられるようになった。AWSは調達不要で、ほぼ自由自在である。

機器の調達の代わりに発生するのが使用量に応じた課金となるわけだが、使用量に応じたコストにできるっぽいので規模の調整も従来と比べて容易であろう。メモリやHDDを増やすだとかいうことになると資産にかかわることになるのでいろいろと面倒っぽいが、これを避けることができる。一度機器を購入してしまえばスペックダウンをすることはまずないが、必要に応じてスペックダウン=コストダウンを図ることもできるっぽい。
リスクを考えればキリがないが、こんなカンジならばクラウドもありなのではないかと思える。

やったことといえば、DBと連動したWebサーバを用意して、小さなWebサービスを作った程度で、いっぱいあるAWSのサービスカテゴリからすると3つくらいちょっとかじった程度。EC2とEBとRDS。

Rpiで遊び始めたとき、Pythonを選択するか、PHPを選択するか、ちょっと考えたことがあった。未知の言語をいきなり二つという事態は避けたかったからだ。参考にした情報がそれを扱っていたという理由でPythonを選択したが、諸事情により今PHPを学ぶ必要に駆られ、あああの時と思ったり思わなかったり。
PythonもPHPも短い経験しかないが、Pythonのほうがデバッグしやすくて開発しやすい印象である。

とてもどうでもいいことだが、今季やってるアニメで『ステラのまほう』というのがあり、完全にスルーしていた。なにかで同作品が「PHPとObjective-Cをそこはかとなくディスっていく」らしい作品であることを知り、今かなりそそられている。俺もちょっとPHPをディスりたいので、どんなふうにディスってるのか興味がある。
アニメを途中から見るのも何なので、原作コミック4巻を読むことになるやもしれぬ。

2016年10月26日 (水)

ローテクなIoT

近頃は新しいネタもなくて別件の調査用にサーバとして使用しているが、いくつか機能追加してはいる。

20161026_01

その一、Fan Kicker。
回ったり回らなかったりするCPU Fanに業を煮やし、Fanに軽く触れる程度の物理的干渉を行う装置を取り付けた。マブチモータ的なものとタミヤのギヤボックスの組み合わせにささやかな自作パーツを取り付けたものだ。
どんな方法で取り付けるのがよいか試行錯誤したが、タミヤのギヤボックスで事足りた。

余談だが、当方の行動範囲内では今どきこのようなものはいわゆる模型店では入手できず、郊外の大型のホームセンターにあるかないかというありさまだった。各筋には、IoTが流行りのうちにうまく乗っていただき、手軽に見比べられるようにしていただきたいものである。

きちんと回るっぽいFan付きのRPi用ケースを買った方が安かったかもしれないが、マブチモータ的なものを制御する目的もあったのでよしとする。
モータのコントロールについては仕組みを誤解していた。GPIOでHIGH=ON、LOW=OFFと考えていたのだが、回転させるためにはHIGHでループ処理をする必要があるっぽい。
同ギヤボックスを中速にして0.5秒程度通電すると60度くらい回転する。

その二、シフトレジスタ。

74HC595N レジスターDIP-16 (5個セット)
Fei-02
売り上げランキング: 38,473

GPIIO不足を感じて試してみたが、現在の機器構成ではモータの正回転と逆回転の制御と、モータを回す条件を可視化するためにつけたLEDのON/OFFにしか役に立っていない。

その三、外部電源。

マザーツール GF12-US1210 ACアダプター
eyeya
売り上げランキング: 17,706

以前12V3Aで試して即滅したものを、12V1Aのアダプタで再挑戦した。現在のところ、上記Fan KickerとLED、以前に実装したサーボモータの駆動用としている。
通電したりしなかったりしたが、プログラムや自作回路の試行錯誤中であったため、原因がいずこにあるかわからない。いまのところ安定している。

サーボモータ用にブレッドボードを一枚使用しているが、これを簡略化することが課題といえば課題か。

2016年10月 1日 (土)

電子工作noobの舶来電子部品雑感

暑いさなかにRPiが熱で停止したように見えたことがあって、冷却を検討する必要があるように思えたことがあった。
名刺大というサイズで、3cm程度の高さのケースに格納されているコンピュータを冷却する装置を探してみたところ、次のような商品を見出した。

手元に届いたころには暑気も薄れていた。熱で止まるように見えることもなくなり、さてどうしたものかと思いつつ、取り付けてみることにした。
GPIOが枯渇しつつあるため合わせて注文していたシフトレジスタ

74HC595N レジスターDIP-16 (5個セット)
Fei-02
売り上げランキング: 119,922

を用いて、RPiのCPU温度が一定値を超過した場合、ファンを駆動するよう仕込んだわけである。目論見どおりに動くものが仕上がったが、このファン、動かない時がある。自作した電子回路の不具合を疑ってLEDをつけてみたりしたが、回路は正常っぽく。 ファンに通電している状態で軽く手とかで触れて動かしてやると、動き始める。うーん。
ファンが回れば3℃程度は冷却されるが、動かぬファンを回す術がない。

とりあえず動くことを確認して満足してしまった2自由度Webカメラについては、

ケーブルを延長して設置場所に固定した。
RPi本体から電源供給する場合、ケーブルの長さにより駆動しない場合があったが、電源をほかに取った場合、50cm程度ならば問題なく動いている。
ただし、回路の問題か電圧の問題か、サーボモータとファンを同じ電源から取ると、電源電圧が5V程度では無理ぽい。

電源の問題については少し前から念頭にあり、かような製品を試してみた。

EasyWordMall 3.3V 5V MB102ブレッドボード用 電源モジュール パワーモジュール

とても便利だが、説明資料が付属しておらず、ネットで得た5~12VのACアダプタで給電すべしとの情報に従い12V3Aを差したところ、逝った。 当初順調に動いており、おおこりゃええわ便利だわとWebカメラに取り付けたサーボをキュイキュイいわせてたら唐突に逝った。12V3Aはアカンらしい。その辺気を付けて調べてみれば、12V1Aを接続している例に行き当たる。
リトライのためにACアダプタを当たったところ、それっぽいものが見つかった。

マザーツール GF12-US1210 ACアダプター
eyeya
売り上げランキング: 23,769

地方都市とは不便なもので、電子工作関係の情報を当たっているとあちこちで目にする秋月電子を便利に利用する術がない。丹念に調べたらAmazonに出品があったのでぽちった。再度注文した電源モジュール待ち。

舶来品は、駄菓子感覚で気軽に手を出せる値段だが、到着を待つ間にモチベーションその他に影響を及ぼすのが難といえよう。

2016年9月15日 (木)

2自由度Webカメラ

サーボモータをふたつ使って、上下左右に動く。

1ヶ月ほどまえのこと、電子工作ってどうやればいいの?という頃に大人買いしたラズパイマガジンの電子工作キットにサーボモータが含まれていて、あわせて二つ、手元にあった。

監視カメラを稼働させはしたものの、死蔵していたものを活用するためのお遊びで、カメラの首を振らせる必要などまるでない。まるでないが、サーボモータを二個組み込んで使うキットが激安だったので試してみる気になった。

部品がそろってないところで暇つぶしに始めてしまったのだが、なんだかいろいろとてこずってしまうことに。どんなやり方があるのかなとちょっと調べただけでも3通り見つかって、それが過去の情報だったりするもんだから試しにやってみたらダメだったというようなことが幾度か。

Servoblaster、WebIOPi、wiringpiの順に試して、後の二者を組み合わせる形で実現させた。WebIOPiはそれ単独でWebブラウザからサーボモータの制御を行うことを可能にするフレームワークらしいのだが、WebIOPiのライブラリをサーボモータ駆動に使用すると、回転させた後にサーボモータがぷるぷる震える頻度が非常に高い。制御はwiringpiで、Web周りはWebIOPiでというふうにすると、随分とマシになる。

参考にしたプログラムがそんな感じだったのだが、なんでか初見では理由がわからなかった。やってみて納得した次第。静止状態で負荷がかかっているとカタカタ言うようだ。


機器をいろいろつけすぎたせいかRPiの挙動が怪しくなったような気がして電池ボックスをブレッドボードにつけてみたり、うまく動かないのはGNDのせいだったりと、不具合のきりわけが多岐にわたってちょっと難儀した。バイクのバッテリー充電のために買ったテスタが思いがけず役に立ち。テスタで計測してよさげな値が出てるとなんだか安心できる。

2016年9月10日 (土)

IoT with Rainmeter

Rainmeterで作成してみた。
20160910

Fontは以下より。

やったことといえば、

1.WebサーバにCURLでCGIを動かすコマンドを投げる
2.そのためにWindowsにCURLをインストールする
3.Rainmeterでは実行コマンドはワンセンテンスらしいので、1.をバッチファイルに書いて、Rainmeterはそのバッチファイルを実行する
4.バッチ実行時にDOS窓が表示されてウザいので、バッチファイルをDOS窓なしに実行するVBSを書いて、RainmeterはそのVBSを実行するよう変更した

Rainmeterは存外思いのままにならず、画像を表示してみたら半分で切れるし、わけわかめ。
凝ったことしようと思ったけれど、気力が尽きた。

2016年9月 8日 (木)

Home Service Webページ完成

近頃は、Webページを書いていた。
はずだが、気付くとJavascriptのデバッグをしていたり、Webサーバの設定を変えていたり、DB接続して値の取得・登録・更新をできるようにしたり、していた。

室内の気温を測定した結果を用いてエアコンのON/OFFを自動制御する仕組みについて、気温と時間の閾値はハードコーディングだったが、これを外部から与えるように変更しようと思いついたのがきっかけだった。
設定内容は大したものではないのでファイルでもよかったのだが、触ったことのないMySQLを使ってみようと思ったのがわりと茨の道となり。
PythonからDB操作を行うこと自体は簡単だったのだが、これを構造化――SQLを渡すと実行してくれたり、参照結果を返してくれる――しようとしたのが難題で、HTML~Javascript~Python~Python~Javascript~HTMLのインターフェイスにとても頭を悩ませることになった。具体的には、JSONデータが文字列なのかオブジェクトなのか、PythonとJavascriptでどう扱うのか、ということである。

機能追加ではあるが、大きな機能に対する小さな機能追加であるので、努力に比して対効果はあまり可視的ではない。つまり、目に見える結果がびみょーなのである。
そんな理由からモチベーションの維持が難しかったのもあるにせよ、Pythonは未経験で、Javascriptは「旧石器時代」に口開けて眺めてたくらいの知識で挑むには、ちょっと難易度高かった。一週間くらいかかってしまった。

自分でWebサーバ立てたのも20年ぶりくらいで、GETとかPOSTとか意識するのも同じくらい。
Apache2の設定でもかなり悩んだ。Options Indexesとか。Digest認証とか。設定を書き換えたのに反映されないのは、違う設定ファイルにデフォルトとして書かれていたもののが邪魔してたからとか。参考例が多く見受けられるものとはまるで違う書式でないとアカンとか。Webでもようよう見つからないTipsが多すぎる。
一通りは解決したので、外部に公開してもいい頃合いだが、自分専用なのと、室外から操作できる必要もないということで見合わせている。

HTMLの記述にはBootstrapというものを利用してみた。久々に書く輩にとってはパズルめいたナニがあり、やっぱりちょっと敷居は高かったが、慣れると便利。画面サイズが異なる機器に自動対応してくれるのはたぶんとてもよいことだ。
とはいえ、セレクトボックスを導入してみたら、そうもいなかくなり、スマホで見た時の画面に合わせるとPCで見たときレイアウトがずれるようなってしまった。

20160908

Webページではなく、RainmeterとかでWindowsのデスクトップから操作できないかどうか画策中。

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック