« 読物 『モンゴル帝国誕生 チンギス・カンの都を掘る』 | トップページ | 読物 『最後の秘境 東京藝大』 »

2017年9月21日 (木)

読物 『黒剣のクロニカ』

平井和正、菊池秀行、栗本薫。これら呪いとなってしまった名の列に、芝村裕吏を加えようと思う。

先に述べた方々には、今よりもものを知らない時に耽溺し、あるとき不意に、なんか遠くへ行っちゃったと感じたものだったが、かつてよりはものを知ったような気になっている今、この作家に感じるものは不快感だ。10ページ程度の内容を、その20倍かけて値付けする回文名の作家よりは許せるとしても。
クライマックスないしはまとめが不得手というだけではなく、時としてものすごくやっつけ感のある作品を販売するようになったからだ。

現マジオペシリーズで切ろうと思う。

« 読物 『モンゴル帝国誕生 チンギス・カンの都を掘る』 | トップページ | 読物 『最後の秘境 東京藝大』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/65818237

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『黒剣のクロニカ』:

« 読物 『モンゴル帝国誕生 チンギス・カンの都を掘る』 | トップページ | 読物 『最後の秘境 東京藝大』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック