« 読物 『読書で離婚を考えた』 | トップページ | 二〇一八年、八の月 »

2017年8月 3日 (木)

読物 『猟犬の旗』

近頃楽しめてるほとんど唯一の小説作家、その作品である。

氏の作品には特徴がいくつかある。いいものもあれば悪いものもあり、悪い特徴の一つに、如実に投げやりとわかる著作が存在する、というものがある。
本書がそれだ。

一気に読める。しかし、なんというか。
似たようなところでいうと『セルフ・クラフト・ワールド』の三巻とか。

若干投げやりではあったが、『猟犬の國』が面白かっただけに、楽しみにしていたわりには残念感だけ残ったカンジ。コスパがとても悪いしネ。

« 読物 『読書で離婚を考えた』 | トップページ | 二〇一八年、八の月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/65617000

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『猟犬の旗』:

« 読物 『読書で離婚を考えた』 | トップページ | 二〇一八年、八の月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック