« 読物 『Webを支える技術』 | トップページ | アニメ 『正解するカド』 »

2017年6月25日 (日)

映画 『花の詩女 ゴティックメード 通常版』

FSS13巻が世に出てからおよそ二年が経過しようとしている。

当初『花の詩女』なる映画に全く興味がなかったが、世界観が大きく変わってしまったFSSに戸惑いつつも、ドリパスのイベントで地元で再演となれば食指を動かすくらいには支持していることになる。あるいは、FSS成分に飢えていることになる。

ストーリーはまあ、FSS13巻ないしその周辺情報で拾い集めたものであらかじめ知り得ていたもので、特筆すべき点はあまりない。襲撃がただ一度だけだった理由は明示されていないが、これは良い運びだったと思う。

映像についてはまあ、なんだかんだいってロボットが動くところを見たかったんだなあと感じる。もっとがんばってほしかった。なんだかアニメ『北斗の拳』の作画の悪い回を見ている気にさせられた。

ロボットが発する音についてはこだわっただけあってものすごくよいと思う。カイゼリンよりもボルドックスが発していた音がよかった。
余談だが、MHがGTMになってから、ロボットの名前がマジンガーZの敵ロボ系になっちゃったのは、どうにかならなかったのかと思う。

オートマティックフラワーすなわちファティマは漫画で見る分にはまあなんとかアレだが、動いているところを見るとなんだかアレだ。カマキリ。
特に強いこだわりはないが、あんまり光学発信を描写してほしくないとは思った。宇宙船が「ちょっとまて、いまどうやった?」系の変形をするテクノロジーを有する世界で、対照されるべき描写ではない。

これもまた余談だが、栃木県の映画館に足を運ぼうという気になるFSSフォロワーが少なくとも250人くらいいることがわかった。

« 読物 『Webを支える技術』 | トップページ | アニメ 『正解するカド』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/65456041

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『花の詩女 ゴティックメード 通常版』:

« 読物 『Webを支える技術』 | トップページ | アニメ 『正解するカド』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック