« ゲーム 『World of Warcraft』 その46 | トップページ | ゲーム 『World of Warcraft』 その47 »

2014年10月 6日 (月)

読物 『黄昏色の詠使い』シリーズ

後の我が身はきっと、なぜこの物語を読む気になったのか忘れているだろう。
そして、同じ事を繰り返してしまうかもしれない。ゆえに、まずは読むに至った経緯を記す。

1.かつて玉を拾わせてもらった得難い経験を忘れられず、ライトノベルをオススメする諸処の情報にあたった。
2.これというものが見つからず、どうでもよくなってきたところに、キャッチーなタイトルが目を引いた。
3.内容を調べず、これに賭けてみようとか念じながら全巻ネットで注文した。

スコッパーという単語を知ったのはこのときである。なんと偉大な存在であろうか。
最終的にはメンコにしたり焚きつけにしたりしているのかもしれないが、飽きずに掘りまくり踏みまくれるというのはすごいことだ。俺様チャンはこの10冊でもうこりごりだというのに。

遙か昔のことでうろ覚えなのだが、コミック版『魔法陣グルグル』に天使だか妖精だかが登場して「世界を救うよりラブラブ話よね!」的なノリを見せていた。同作品と本作品の比較ということではなく、この一文を想起させられただけということを注記しつつ。

つまり、この物語はそんなカンジの内容である。
週間連載に近い形の発刊だったようだから、こうなったのかもしれない。
それなりに読んできているにもかかわらず、ライトノベルというものはこういうものなんだなあと初めて感じさせられた作品である。これまでに一頁目で捨ててきた論外を読破していれば、もっと早くこの感慨と出会えていたかもしれない。
物語世界の文明レベルとか、普段は気にならない(というか、普段は説明されていたり自明であったりするのだろう)ことが気になってしまい、そういうものに触れたことがないわけでも楽しめないわけでもないのに、ご都合主義な少女漫画的救世伝説をみじんも楽しむことができなかった。
なんかすごい小説ランキングに選ばれたそうなのだが、どの辺がすごいのだろうか。

« ゲーム 『World of Warcraft』 その46 | トップページ | ゲーム 『World of Warcraft』 その47 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/60433090

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『黄昏色の詠使い』シリーズ:

« ゲーム 『World of Warcraft』 その46 | トップページ | ゲーム 『World of Warcraft』 その47 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック