« 読物 『ベスト&ブライテスト』 | トップページ | 読物 『新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示』 »

2014年3月15日 (土)

ゲーム 『World of Warcraft』 その39

Blizzard社のオンラインTCG『Hearthstone』がLiveとなった。
このゲームの評価はいくつか目にしていて、それらはいずれも好評だったのだが、これまで興味がなかった。頭とナニが悪いのでTCGはむかないのである。むかないのであるが、WoWで使用できるMountがもらえるキャンペーンが開催されているので、遊んでみることにした。

チュートリアルは親切でわかりやすい。英語を読みたくなくてもなんとかなるだろう。

Mountを手に入れる条件は、チュートリアルをクリアし、その後Playして対戦相手に3回勝利することである。
そのために5回程度遊んだ感想としては、運ゲー。我が身には根本的に不足しているナニがMustな印象である。

デッキ構築ができない?
ので、手に入れたカードがすべてデッキに入るようだ。不要ないしはあまり引きたくないと思えるカードをデッキから除去できないので、いらん局面でいらんカードばかり揃う印象がある。もとよりその傾向が強いため、TCGもそれほどのめりこむことなく済んでいるのだが、このゲームでも個人的その傾向を再認識させられた次第である。
5戦のうち、2回はこちらだけその傾向が見え相手の圧勝。1回は対戦相手が突如ログアウトし、勝利。2回はこちらも相手も引きが悪いという勝負だった。

5回程度遊んだだけでも、対戦を長引かせることなく、またコンボオラオラを防止する工夫をこらしている様子はうかがえる。クリティカルに依存しない接戦を演出しよう(手に汗握る感がプレイヤーをのめりこませるだろう)という工夫も感じられる。
が、運ゲーという印象は拭い得ない。WoWのPvP Pet Battleと同様、Bad Luckな民はストレスを募らせることであろう。

さて、獲得したMount"Hearthsteed"は。
Wowscrnshot_031514_070940
Karazhanとか、なかなか得られない馬系Mountを渇望しているプレイヤーにとっては福音なのではなかろうか。

もう少し遊んでみた。運ゲーという印象は拭い得ない。
起動し直すとデッキ構築画面に行くことができる・・・
ゲームプレイ中にメニューがないって・・・

« 読物 『ベスト&ブライテスト』 | トップページ | 読物 『新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/59294597

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム 『World of Warcraft』 その39:

« 読物 『ベスト&ブライテスト』 | トップページ | 読物 『新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック