« 読物 『舟を編む』 | トップページ | 読物 『人造人間キカイダー The Novel』 »

2013年10月 7日 (月)

読物 『三国志』

北方版。
呉については災難が続いたという印象はあったが、吉川英治版ではイージーモードと見えた魏と呉について、北方版ではいずれもがそれぞれに辛苦を乗り越えてきたと描写されている。

が、いささか繰り返しがくどい。右足が高熱を発して寝苦しいとき、そのシーンをエンドレスで夢見てしまうくらいにくどい。

掛け値なしに面白いが、初心者におすすめするとしたら吉川英治版だといえる。読者の問題で作品の問題ではないかもしれないが、なんとなく「お約束」を下敷きにしているように読めるからだ。

« 読物 『舟を編む』 | トップページ | 読物 『人造人間キカイダー The Novel』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/58336879

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『三国志』:

« 読物 『舟を編む』 | トップページ | 読物 『人造人間キカイダー The Novel』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック