« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月18日 (水)

読物 『舟を編む』

事前に知っていたことは、なにやら賞を取った作品であること、映画化されたということ。

悪くないと思われた序盤、ヒロインの登場で読む気が失速し、なんとかもちなおしたものの、気を取り直しては奪われることを繰り返して得た印象は、これは連載作品だったのではないかということ。

読み終えてから調べてみればその通りだったけれどもそれはどうでもいいこと。

がっかり感は『ダ・ヴィンチ・コード』『シャングリ・ラ』に似ているが、終わり方は悪くない。
しかし、安易ではある。

2013年9月 4日 (水)

ゲーム 『World of Warcraft』 その31

AllyのPCで参加しているギルドはギルドリーダーが熱心にギルドイベントを主催していて、参加者から希望を募って行き先を決めるようなカンジで執り行われている。行き先は概ねUlduar、ICC、FL、DSあたり。
時間や人数に余裕があればAchieve Runをやっていただけたりして、
Ulduarや、
Wowscrnshot_090413_110012
FLの
Wowscrnshot_082313_004205
Achieve Reward Mountを獲得することができた。
感謝。

Karazhan。
MoPでRaidゾーンにソロ突入が可能となってから、毎週手持ちの全キャラで突撃していた。最終的に8キャラで回すようになり、合計回数は200回程度になったであろうか。
Utgarde Pinnacleも長かったが、ここはもっと長かった。
Wowscrnshot_090413_172606

考古学で、Battle TankなMountや、Battle Petが出ると知ったのは最近のことだ。
それがTol'virということで脳裏にVial of Sandsの悪夢を呼び覚まされながらも、MoPの考古学Achieveもついでにやれるしちょいとやってみるか的な軽い気持ちで挑み始めた。 復元したArtifactを右クリックしてできるRestored ArtifactをTokenとして考古学のFragmentsが買えるようになったため、MoPで発掘しながらTol'virのSolveができるのだ。
Cataの時代、Vial of Sandsは2ndキャラのAlchemistなDruidが25Solvesくらいで手に入れた。Tol'virのDig Site出現率が低く、Nighelf祭に悩まされたため、心情的には約25という数ではすまない。
軽い気持ではじめたのに考古学のAchieveを全達成してしまいそうな勢いとなってしまった昨今、1stキャラのWarriorで150Solvesを数えた頃に入手。
180Solvesを超えた今もなお、Battle TankなMountは入手できていない。
Wowscrnshot_090413_092607_01

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック