« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

ゲーム 『World of Warcraft』 その22

Blackrock特有の事情のためか、10ManでFor The Horde!をやれてしまった。構成は1Tank、2Healer、その他DPS。ノウハウをもった堅牢なTank、乱戦にも倒れずRaid Groupを支えたHealerがいてこそと思える。
A Change of Commandの5Manと同様、やろうと思えばやれるレベルで、可能ならば人数は多い方がよかろう。30分くらい戦闘していたように思う。途中でDownしたので経過に不明な点があるが、少なくともBloodlustは二回使用された。GY遠すぎ。
途中、AllienceのPCによる抵抗は二キャラ程度だったように思う。

RewardはBlack War Bear。
Wowscrnshot_053113_002951


2013年5月27日 (月)

ゲーム 『World of Warcraft』 Fury Warrior "Black Temple"Solo

"Reliquary of Souls"が関門で一度はソロを諦めたが、ゆっくりDPSしてみたら倒せた。
それだけというのもなんなので、雑感を。

"Reliquary of Souls"は3つのPhaseを持つボスで、難関はPhase2。なにが起こったかよくわからずにやられてしまったのだが、アーマー低減とダメージ反射、DC、そんなカンジの組み合わせがあるらしい。
つまり、高い攻撃力をもつキャラだと、アーマー効果を喪失した状態で自分の攻撃を跳ね返され、ほぼ即死という事態になる。

DCはなすがままだが、アーマー低減ダメージ反射コンボは、ゆっくりと削り、Second Windが働き始めたら回復を待ち、再度ゆっくり削るというやり方で対処できる。Second Windは必須ではないかもしれないが、CDではないのでお得感がある。
DoTとの組み合わせのせいかたまたまか、Healthがちょっと危険なカンジに減ることがあるので、ヒールポーションの一本も持っていけば万全であろう。
Addを気にする記事をみかけたこともあるが、全く問題ない。

他のボスはAoEやらなんやらに気を付けていれば特にどうということもないのだが、このボスのようなイベント系ボスはそれがネックになることがある。Naxxの餌を食う奴もそれで、こちらはソロ不可能という結論を得ている。

ゲーム 『World of Warcraft』 その21

'The Eye of Eternity'のドロップ。個人的にはBlue Drake MountはさくっとDropしてしまったのでレア度は高くないと考えていたが、30回やって3回Dropということは、それなりなのかもしれない。Azure DrakeのDrop RateもBlue Drakeと同じ4%となっているが、さて。
キーワードは1-1-2-3。
Wowscrnshot_042413_110354

'The Obsidian Sanctum' 10manのドロップ。
Wowscrnshot_042413_100523
25Manもソロできるらしいが・・・

JCマウント。このためにレベリングしたと言っても過言ではない。
Wowscrnshot_042313_231109

JCマウント。赤緑青黄の四色を作成し、合体させると上記黒となる。一昔前なら三色で済んだだろうに。
Wowscrnshot_051913_200044

"Brunnhildar Village"のDaily Rewardから。そこそこ通ったが、通い詰めたというほどではなく。
Wowscrnshot_050513_024001


さて、Lock Pickerが90Hitした。
5.3になって、85から90レベルまでに必要なExpが大幅に削減されたため、非常に楽ではあったが、TwinkしてないDPSキャラはしんどくもあった。Kill速度は遅いがTankの方が気は楽だ。
ただし、StealthとSapというSkillのためにクエストその他のやり方にバリエーションが増えたことは特筆すべきことだったといえよう。StealthはFeralで体験済み、SheepはMageで体験済みだが、両方を同時に使えるのは想像していたより便利だ。

レベリングは以下のように行った。ゾーンの隅から隅まで回ってようやくDingしていたことを思えば、あきらかに早い。
85レベル:
The Jade ForestのDawn's Blossomあたりで86Hit。Half HillのCoockingクエストの導入を獲得してValley of the Four Windへ。

86レベル:
Stormstout Breweryのソロシナリオがバグってて大いにやる気をそがれる。泡を踏んでくやつで、泡を踏み終えてもPhaseが進まないというもの。以前には見逃した泡が見つかったものだが、今回は見つからず断念。Stoneplowの住民避難誘導クエストあたりで87Hit。Stompで即死しながらGalleonをやる。LootはGold。

87レベル:
従来はKrasarang Wildsへ歩を進めたが、Sha of AngerをやりたいがためにKun-Lai Summitへ。86レベルでGalleonをやった時にチャンスを得たのだが、フライトパスがなかったためにThe Jade Forestから海沿いを大きく迂回して行く羽目になり、間に合わなかった経緯がある。なお、Valley of the Four WindからKun-Lai Summitへと抜ける洞窟の河を北上するイベントクエストは、Valley of the Four WindのStoneplowに到達しないと獲得できない。ShaのLootはGold。OondastaはF○ckin Pile。
Winter's BlossomのYetiをコタカフェで手なづけるクエストあたりで88Hit。

88レベル:
Townlong Steppsの"Here..., Here..., and here"あたりで89Hit。Isle of Thunderへは、90にならないと自力で渡れない。

89レベル:
89レベルになると、Klaxxiの導入クエストが発生する。正規ルートを忘れてしまったので、Townlong Steppsからむりやり導入クエスト地点まで移動した。4体目のパラゴン覚醒クエストチェインの途中で90Hit。

90レベル:
Isle of Thunderに上陸を果たすためにはソロシナリオを一つこなさねばならない。NalakからLegをLoot。

コンボ系は苦手で、経験した中ではFeral、Arcane Mage、Rougeと三種あるが、今のところ作業としてはArcaneが一番楽だ。楽だが眠くなる。RougeはSkillの特性をよく把握していないが、Damageはけっこうよい。そこそこ装備を揃えて他と比較してみたくなるが、LockPickerなのでどこまでやるかはわからない。

2013年5月24日 (金)

読物 『なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック』

シリーズが長く続くと、物語そのものにではなく、その上位というかなんというかのレベルで齟齬をきたしていると感じられることがある。設定の矛盾とかではない。わりと最近ではハルヒに感じたことで、ヒロインの存在それ自体が原因であることが共通している。

あいかわらずファンタジーと現実の境界線を絶妙にとらえており、個人的に絶賛中ではあるが、前述の瑕疵が物語の継続を困難にしてしまうのではないかと、どうでもいい危惧を抱いてしまうことを禁じ得ない。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック