« 読物 『山彦乙女』 | トップページ | 読物 『蓮如―われ深き淵より』 »

2013年3月 7日 (木)

読物 『首斬り人の娘』

『ドラえもん』、物語の内容は従来のままでタイトルが『しずかちゃん』だったらどうか。
本書のタイトルは、そんなかんじのキャッチーである。邦題がそうなのではなく、原題からしてそうなのである。
エーコかと思ったらダン・シモンズだったというガッカリな読後感で、個人的読書経歴からすると『修道士カドフェル』を処刑吏に置換した具合となる。
え、これ、人気が出ちゃっていいの?と思うのだが、世間の方がきっと正しい。

アマゾンからオススメされたのだが、買わなくてよかった。

« 読物 『山彦乙女』 | トップページ | 読物 『蓮如―われ深き淵より』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/56903450

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『首斬り人の娘』:

« 読物 『山彦乙女』 | トップページ | 読物 『蓮如―われ深き淵より』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック