« 読物 『極真の精神―今後の武道はどうあるべきか』 | トップページ | 読物 『この空のまもり』 »

2012年11月 7日 (水)

読物 『真剣師小池重明 疾風三十一番勝負』

~師というとなんとなく脳裏に浮かぶのは『立喰師』である。初見は『紅い眼鏡』で、長らく押井守の想像の産物であるとは知らず過ごしてきた。これについて押井の周囲はドッぴきだが、本人はいたってマジメになんとか撮ろうとしてできたのが『立喰師列伝』だとかなんとか。やめときゃいいのにという内容であったことは余談である。

さて、将棋に真剣勝負、すなわち賭け将棋があると知ったのは『風果つる街』で、こりゃすげえと感得したものである。
本書のあとがきはその著者である夢枕獏が記しており、それによれば夢枕獏は小池重明本人と面識はないという。小池の知人であり夢枕獏の同級生である人物づてに知り、著したのが『風果つる街』だそうな。作家というものは恐ろしいものである。

破天荒なギャンブラーというと『麻雀放浪記』を思い出すが、小池重明はそれを地でいった人物である。少なくとも、物語からはそう読める。
小説より奇なり。


« 読物 『極真の精神―今後の武道はどうあるべきか』 | トップページ | 読物 『この空のまもり』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/56060852

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『真剣師小池重明 疾風三十一番勝負』:

« 読物 『極真の精神―今後の武道はどうあるべきか』 | トップページ | 読物 『この空のまもり』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック