« 読物 『真剣師小池重明 疾風三十一番勝負』 | トップページ | 読物 『ハーモニー』 »

2012年11月 7日 (水)

読物 『この空のまもり』

ハヤカワと芝村裕吏という組み合わせは、個人的には、実現してもよさそうだと思いつつも、違和感を覚える組み合わせである。特に理由は思いつかないが、読後、なんとなくわかったような気になった。

あくまでも芝村裕吏なのである。レーベルは関係ないのである。

純愛のためにセカイを護るという、理想を語りつつそれを実現する実利的手段を成し遂げていくという、『Return to Gunparade』から変わらぬ語りでなのある。

ハヤカワでもよいが、ハヤカワである必要はない。むしろ星海社のような個人的には未知のレーベルがふさわしい。そんなことを感じてしまうのは、押井的二次創作の神という作風――オリジナルなんだけれども、そんなことを感じてしまう――のせいだろうか。

クロスレーベル的な試みもなされており、もし将来、シリーズ化したときに『十二国』的な困り方をするんじゃないかと思ったり思わなかったりするが、本書は一冊完結、続編はきっとないので多分困らないんだろう。

あいかわらず短期納期を自慢しているが、業界にはそれが受けるのだろうか。個人的にはあまりそうしてほしくない。
来年も定期的に刊行される予定らしい。

« 読物 『真剣師小池重明 疾風三十一番勝負』 | トップページ | 読物 『ハーモニー』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/56060932

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『この空のまもり』:

« 読物 『真剣師小池重明 疾風三十一番勝負』 | トップページ | 読物 『ハーモニー』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック