« 読物 『なれる!SE7 目からウロコの?客先常駐術』 | トップページ | 読物 『タイタンの妖女』 »

2012年10月17日 (水)

読物 『グラマリエの魔法家族7 魔法使い(ウォーロック)さまよう!』

原題"Warlock Wandering"

文明レベルが中世まで退行したロストコロニーを再発見した男が、科学の力を魔法と称して云々する話だった。

君主制国家であるロストコロニーを民主化する使命をもつエージェントたる彼は、全体主義による革命を目論む敵対的勢力が存在することを知る。

こうして物語は、タイムトラベルを主軸に、冷戦下のミッション・インポッシブルな風味を強くしていく。

邦訳版は本巻が最終巻だが、次巻へ続く引きで終了しており、続きが気にならないわけでもない。
だがまあ、頃合いではあったろう。刊行とリアルタイムで読んでおり、それなりに気に入っていたはずだが、邦訳最終巻まで読んでいなかった。おそらくシリーズものにありがちなマンネリに嫌気がさして、読むのをやめたんだろう。

« 読物 『なれる!SE7 目からウロコの?客先常駐術』 | トップページ | 読物 『タイタンの妖女』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/55860048

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『グラマリエの魔法家族7 魔法使い(ウォーロック)さまよう!』:

« 読物 『なれる!SE7 目からウロコの?客先常駐術』 | トップページ | 読物 『タイタンの妖女』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック