« 読物 『「強さ」とは何か。少林寺拳法創始者・宗道臣70の言葉』 | トップページ | ゲーム 『World of Warcraft』 その8 »

2012年7月 2日 (月)

ゲーム 『World of Warcraft』 その7

拡張セット"Wrath of the Lich King"のゾーンに移行してしばし。
動物を殺したら返り血のBuffがついてしまってクエストNPCが一時的にKoSになってしまったり、巨人に乗って遊んだり、ミニゲームでのことだが敵のHP量がメガ表示されているのを見て笑ったりしていた。
20120702_01

ギルドメンバーから生産スキルで作ったアイテムをいただいたり、今更ながらにDPSスタイルを試したり。

Talentというものは当初1種類、ゲーム内通貨を支払うことで2種類保持できるようになる。Webで調べたところ、このコストは1000Gだということで見送っていたが、ギルドメンバーによると「30Gに下がった」とのことで、それならと獲得方法を調べてみた。Class Masterが教えてくれるということで訪れてみたところ、10Gだった。セカンドTalentを獲得したことで、気楽にTalentスタイルの変更を試せるようになったわけである。

WarriorのTalentは、Arms、Fury、Protectionの3タイプで、Warriorの場合、ソロはDPSタイプと呼ばれる前二者がよいらしい。ずっと前にArmsで試したところあまりDPSがよいとは感じらず、以後Protectionでやってきていた。
今回セカンドTalentを獲得したことをきっかけにFuryで試したところ劇的にキルスピードが向上したので、以前の試行ではやり方が悪かったか、装備が貧弱だったから良い結果が出なかったのだろう。
20120702_02

装備がこんなカンジになってLevel 80ヒットしたある日、Hordeの首都Orgrimmarで呼び出しを受けた。なんじゃろとクエストを受けたら船に乗ることになり、乗ったらイベント発生で船が沈没。後で知ったことだが、拡張セット"Cataclysm"の導入だったらしい。

Level 80でHP16000くらいだったのだが、スタート地点周囲のMOBのHPは30000 ( ゚д゚)。前述のような経緯で中断してしまった形になる"Wrath of the Lich King"をきちんとクリアすれば、HPは30kくらいになっているということなんだろう。

今までのサクサク爽快感が失せ、一体倒しては食事を取って回復という状況がしばし続き、ずっとこの調子ならやってられんぞと思いながらなんとかクエストをこなしていく。
クエスト報酬で装備を向上させていき、気付けばLevel 82で、HP40000越えに。ProtectionでDefensiveだった戦闘が、いつしかFuryでオラオラになっていた。

アイテムの性能がゲームに即反映されるのは爽快だが、いまのところアイテム獲得に喜びを感じられない。アイテムの性能は微妙にしか感じられないが、アイテム獲得には大きな喜びを感じられたEQとは逆だ。

さて、"Cataclysm"の導入は海底から始まる。空気がかろうじて残っている沈没船の中で、さて困ったどうする、Warriorオマエちょっと行ってなんとかしてこいというカンジで進んでいく。
20120702_03
サメに乗ったり、

20120702_05
シーホースに乗ったり、

20120702_04
世界に訪れた危機の原因を探るべく過去の幻視をしてみたり。WoWはもちろんD&D的ではないが、ワイス&ヒックマンへのオマージュは強く感じられる。


さて、ギルドメンバーに誘っていただいて、インスタンス攻略すなわちグループプレイを経験することになった。DPSで参加するなら気楽だよと常から勧められていたのだがどうにも気が向かなかった。

EQでは、高レベルになると、同レベルのMOBをソロで倒すことは選ばれたクラスのみの特権だった。ガチンコで戦って勝つことはどのクラスも不可能といえる。基本的にMOBの方がPCよりも強いということであり、PCを英雄と思うことは難しい。
WoWでは同レベルやちょっと上のレベルともガチでタイマンできるし、ほとんどの状況では複数を相手取って勝利できる。爽快であり、ヒロイックである。余談だが、高レベルゾーンに高レベルなアニマルが存在していることはどちらも共通している。
そのようなゲームでグループプレイとなったらどうなるか。察しておくべきだった。

第一印象。
MMOの戦闘スピードはせいぜいEQくらいなものだろうとタカを括っていたのだが、高速な無双系だった。なにが起こっているのかさっぱりわからず。いっぱいもってきてAEで処理して次へ進む。AE焼きはEQで体験しており理解できる行為だが、その中でなにをどうすればいいのか、ソロの時には表示されていなかったUIがなにを意味するのか、次から次へ秒単位で状況が遷移していく。アイテムロールも自動化されていて、ポップアップしたウィンドウでNeedするかGreedするかキャンセルするかを選ぶだけ、侵攻は止まらない。

スクリプトを熟知しているプレイヤーたちだったのだろう、必要な分だけMOBをKillして、中ボス、大ボスを倒す。せめて侵攻の邪魔はすまいと不要なADDをさせずにいられたことが救いか。
連れて行っていただいたギルドメンバーの評は、「Kickされるレベル」。つまり、グループから員数外通知を受けるということだ。2~3回やれば慣れるとのことだが、2~3回で慣れなければ諦めた方がよいということかもしれない。

スターターで一通り、課金してWarriorというカンジでキャラクターを作成してきた。MMOで先駆者と一緒に遊ぼうと志したら後発者はとにかくCap到達が優先という経験的判断にも依るだろう。言語の壁が高く厚いせいも要因として大だろう。EQやってる頃は英語を読むのも書くのもたいして苦痛ではなかった。一ヶ月ばかり過ごして、ようやく読むのが苦痛ではなくなってきているが、会話するというか、プレイしながらメッセージを読むところまではまだ復旧していない。チャットウィンドウがフェードアウトしてしまう仕様にも問題を感じている。
さておき、グループプレイのための知識およびテクニックを身につけないままここまで来てしまったツケがやってきたというところだ。始めてまだ一ヶ月だから結論というには早急すぎる印象に過ぎないが、ソロで遊べてしまうのが大きな原因のような気がしないでもない。Dungeonなど、グループ攻略が必須のクエストも存在するが無視しても問題ないのである。

20120702_06
さておき、装備はこんなんなって、Level 83に。HPは63000。
なんか特別なことをしているつもりはないのだが、レベル80を超えてから、50kくらいHPが増えてしまっている。

« 読物 『「強さ」とは何か。少林寺拳法創始者・宗道臣70の言葉』 | トップページ | ゲーム 『World of Warcraft』 その8 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

こんなこと突っ込んだらアホと思われるかも、と悩んでいたんですがどうしても気になって・・・・・・。
このヒトの鼻の横にあるポッチ、あれって鼻ピアス?ほくろ?まさかハナク・・・・・・?
ああいうのも含めてキャラ作りできるんですか?
なにかの装備品?
気になるわあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/55101905

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム 『World of Warcraft』 その7:

« 読物 『「強さ」とは何か。少林寺拳法創始者・宗道臣70の言葉』 | トップページ | ゲーム 『World of Warcraft』 その8 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック