« ゲーム 『World of Warcraft』 その10 | トップページ | 読物 『トワイライト 第三期』 »

2012年7月17日 (火)

ゲーム 『World of Warcraft』 その11

Ore Farmingで墜落死が頻発するのでパラシュートをつけてみた。
20120716_01
装備更新で再び墜落死するようになってしまったことは余談である。

Guardians of HyjalのRepがCapに達し、ベルト装備更新。MountがもらえるQuestがあるが、これがポイント制で、Dailyでしかポイントがためられないため、Mount HyjalとMolten Frontにはしばらく通うことになる。なんでも、最短で36日だか29日だかかかるらしい。

DalaraanのCoocking Dailyをこなしたら捗って、Coockingが525に達した。いろいろと見落としスギで、大事に保存していた材料が無駄になってしまった。高レベルのレシピはCoocking Awardで購入するようになっているため、HordeならOrgrimmarのDaily Questはmustですよ。

CatacrysmのDeepholm、Raputation名TherazaneはHatedで始まる。
HatedだとDaily Questがうけられない。どうしたものかと調べても要領を得られず、同ゾーンに存在するStonecoreなるDungeonでRepが上がるのかなあと試してみたが上がらない。「DeepholmのQuestを完了させると云々」というような情報もあり、さてDeepholmのQuestは終わらせていたような気もするが、そういえばDungeonを攻略せよというQuestは破棄したなあと思いだし、Questを受けに行ってみれば未完了だった。Dungeonをクリアすればいいのというものではなく、このQuestを受けてDungeon内のQuestを開始する必要があるらしいorz

途切れたクエストチェインをつなげてみたものの、Stonecoreクリアしたらチェインが終了してしまった。ということは、他に別のとぎらせたチェインが存在するということになる。ウンザリしながらDeepholmを彷徨い、ゾーンの西方、ドワーフっぽい岩人間が戦ってるあたりで切れたクエストチェインを見つけ出した。クエストチェインが長すぎるのと、Aggroが切れずHPが回復しないエリアなので嫌気がさし、いったん切り上げてOrgrimmarに戻った別のCatacrysmゾーンに行けるようになっていてそっちに行くようになり、そのまま放置してしまっていたことを思い出す。

クエストを進めていくとやがてHatedなNPCへ伝令するクエストが発生する。それを達成すると一気にHatedからReveredになれる。クエスト1個達成で7000repとか獲得するため、あっという間のことである。
途切れたクエストチェインを発見するところも含めて、Daily Questが受けられるようになるまでおよそ約六時間程度を要した。

20120716_02
伝令クエストの直後、大地の眷族の女王Therazane自らがお出ましになる。

大地に封じられたTherazane族のNPCを助けよとか命じられ、任務をこなしていくと、
20120716_03

TherazaneとThe Earthen Ringとの会合に呼ばれる。
20120716_04
The Earthen Ringは気に入らないが、Goblin、おまえは気に入った。そんなカンジでDaily Questが受けられるようになる。

Horde ExpeditionのRep稼ぎもどうやらやり方がわかったカンジ。というか、Wowheadなどの便利な使い方がようやく身に染みてきたカンジ。低レベルクエスト非表示にしていたのを忘れていた。いろいろがんばってExaltedにしMechano-Hogの設計図は手に入れたものの、資金不足で作成には至らず。
というか、なんかしらんがLeather Craftingなアイテム交換するアイテムが必要らしい。AHで売られているようなので一安心。いろいろ気付かなすぎ。

そろそろまた鞄が欲しくなって調べてみたら、TBCダンジョンでドロップするものがあるらしい。雑魚からも出るということでやってみたら、クリア自体は全然問題ないのだが、4回クリアしてドロップなし。WebによればRareって印象はないのだが、パッチで変わったりしたのだろうか。
Zul'Amanに行った方が早いのかもしれない。

鞄問題は生産材料を保存しているために発生しており、なぜ保存しているかというと、一つには低レベルの材料がないために上位レベルの材料が死蔵品となっているためである。低レベル材料が獲得できない理由は、常時赴くゾーンではドロップしないことと、AHの価格が高騰しているためである。AHの価格は、買えないほどではないが買いたくない程度のものだ。
これまでにも幾度か訪れた鞄問題が再び深刻になったため、もうすごく嫌々低レベルゾーンに赴いて、低レベルのMOBを回した。Repopは早いがDropは渋い。6回くらい回してレシピCapに達し、あとは安値の材料をAHで仕入れたり死蔵していた材料を活用したりしてCapまであと一息というところまで到達した。
Secondary Professionはレシピが少なく、特にFirst Aidは緑レシピで延々とレベリングをしなくてはならない。10スタックくらい保存していた材料が尽きてもCapに達せず、半端感に身もだえしながらドロップを待つ次第となった。

さて、Valar Point(VP)を毎週1000pt獲得することがノルマ化されてHeroicにDPSで参加するようになった。VPとはHeroic InstanceまたはRaidで獲得できるポイントで、一週間の上限が1000ptである。Instanceだと1回あたり150pt、Raidだと250pt獲得できる。独力でせよということならHeroic DFを7回やることになる。
低すぎないDPSが出ているせいか、Kickされたことはない。あるいは補充が手間だからだろう。Wipeしない限り特にどうこうということはないようだ。

また、そろそろ試してみるべきかとノーマルDFでTankをやってみた。DPSで再度予習をしてStonecoreへ。Queを入れて直後に開始。Tankは待ち時間が短いと噂に聞いていたが、想像よりも遥かに早かった。
ちょっと雰囲気が違うと思ったら途中参加で、グループメンバーは85レベルTankキター(英語)とか言ってる。Wipeを繰り返したのだろうか。喜んでいただいて申し訳ないがnoobですとはとても言えず、とりあえずやる。Defensive Stanceにし忘れたりとかいろいろあったが、問題なくクリア。ラスボス手前でTankタゲとは異なるMOBを勝手に引いたヤツがいたりして、Wipeの原因はTankじゃなくてオマエラじゃないのかと思ったり思わなかったり。ばらけてしまったMOBをうまく集めてThunder Clap、AoEで派手にMOBが死ぬと喜ばれるようである。

週末、Dragon SoulのHeroicに参加させていただき、Normalとはちょっと違うアレに頓死を繰り返す。DPSを出そうと必死になると、いろんな情報を見落としてしまう。旧コンテンツのRaidにも連れて行ってもらったが、事前に指示をいただていたのに間違えてしまったり、ロクでもないorz

WoWにはLooking for Raid(LFR)という機能がある。LFRとはDFのRaid版(あるいはLFRのDungeon版がDFというべきか)で、pugでRaidするものである。想像するだに恐ろしい機能だ。25menでやる。
VPノルマに加えてLFRもノルマ化されていたが、ギルドメンバーと誘いあわせていくとアイテムのトレードができてなおよしらしいのでタイミングを図っていた。ギルドメンバー5人くらいで参加する機会があり、同じギルドの方からWar DPSの実例を見せていただいた。我が身とおよそ4倍の開きがある。LFR中トップで、上位はギルドメンバーが占めている。参加者も注目のDamage Dealである。我が身は下位で、Kickされなかったのが不思議なカンジだった。RLがギルドメンバーだったからだろうか。

DPSの話題から、キーバインドやUIの話題になり、アドバイスを参考に再構築してみたところ、gdgdに。
WoWというゲームは、ASWD+マウスな移動を想定して設計されているに違いないと思われるが、InstanceやRaidでは移動コントロールは右手でやるようにできている、あるいはなってしまったと感じられる。
つい最近は、デフォルト設定を使用し、テンキーをアクションボタン化するよう設定していた。フルキーのアクションボタンはいいところ5までしか指が伸びないのでページ切り替えで対応していた。前述のWar DPSな方のアドバイスによれば、Cool Downが同一となるTalentやアイテム効果はマクロでまとめた方がいいとのこと。マクロについてはいろいろと情報を仕入れているが、ちょっとずつ理解を深めているというところ。条件分岐を適度に使用した方が、ボタンの反応が早いような気がする。
また、移動はテンキーかマウスでの操作がよいのではないかという。マウスの左右ボタン同時押しで前進、離すと停止するとは知らなかった。テンキ―を移動に、テンキ―周りのキーによく使う機能を割り当てる。フルキーは1~5、Q~R、A~D、Zを割り当てる。T、F、Xはデフォルト設定を使用するためいた仕方なし。ページ切り替えは少なくなった。
Orgrimmarのカカシを殴るとかしながら一日をかけて操作感に慣れ、ノーマルDFでキーバインド変更前くらいのDPSを出せるようになった。Tankどころではなくなりましたよ。

主にギルドメンバーのご厚意で装備拡充が図られており、装備だけはUberになりつつある。
20120716_05
慣れやスキルが追い付いていないのであるorz

« ゲーム 『World of Warcraft』 その10 | トップページ | 読物 『トワイライト 第三期』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

パラシュートがまた手作り感あふれててよござんすな。

あほ毛……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/55177284

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム 『World of Warcraft』 その11:

« ゲーム 『World of Warcraft』 その10 | トップページ | 読物 『トワイライト 第三期』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック