« 読物 『人は「話し方」で9割変わる』 | トップページ | 読物 『柔道 組み手入門 (試合に勝つための実戦テクニックシリーズ)』 »

2012年6月11日 (月)

ゲーム 『World of Warcraft』 その3

ゲームとしてはやっていけそうに思えたので、ダウンロードパッケージ版一ヶ月課金つき49.99USDを購入した。

PaladinかWarriorでと考えていた。HordeでPaladinができる種族はTaurenとBloodelf。
今後どうなるか分からないが、参加予定のギルドには Bloodelfが多いように見受けられたために取りあえずやめておくことにし、Taurenに限らずデカい種族はやりにくいと感じたのでパス。
というか、Goblinでやってみたいと思うようになっていたので、Warriorにした。

どういう経緯でかWoW参加を知った旧知がアカウントを復帰させて一緒に遊んでくれたのだが、どうも普通のコンテンツをグループでやる意味合いが薄いように感じられる。ソロでもがんがんいけてしまうのに、組む必要があるだろうかという印象である。
別の知人からはダンジョンファインダーを使うべしと言われたが、Warriorとしてどうふるまうべきなのかわからないのに、ランダムでグルーピングされてしまうコンテンツに参加していいものやら。Tankが先導していくケースが多いというなら、なおさらである。

レベル20で獲得できるようになるMountと呼ばれる乗り物は種族別に異なっているようで、Goblinはトライクである。タイヤが木と金属っぽいカンジで、後輪は軸が歪んでいるようなアニメーションをする。ファンタジー世界に登場するメカは、あんまりメカメカしないで、スチームパンク風無駄ギミック山盛りというか、動いているのが不思議っぽいカンジのほうがいい。
20120609_01

20120609_03

歩くより早いが、85レベルのMountと比べるとスクーターみたいなもんである。

« 読物 『人は「話し方」で9割変わる』 | トップページ | 読物 『柔道 組み手入門 (試合に勝つための実戦テクニックシリーズ)』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

『Dr.スランプ』の表紙にときどきこういうメカがあって好きだったなあ。
USDで購入ということは、海外のゲームを直輸入?日本仕様のハードとテレビでも遊べるんで?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/54921764

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム 『World of Warcraft』 その3:

« 読物 『人は「話し方」で9割変わる』 | トップページ | 読物 『柔道 組み手入門 (試合に勝つための実戦テクニックシリーズ)』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック