« アニメ 『赫奕たる異端』 | トップページ | アニメ 『装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』 »

2012年5月11日 (金)

アニメ 『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び』

蠱毒の壺の中で生きのこったモノは最強であろうか。幸運であろうか。
生きのこってなにかをなしえる存在となり得るであろうか。ただ使われるだけの存在であろうか。
アストラギウス銀河という蠱毒の壺で異能生存体として誕生したキリコは蠱であろうか、蠱を超えるなにかであろうか。
そんなことに思いが及んだら、クエント編を肯定できたような気になった。
あるいは、三人組の再登場が大きく響いているのかもしれない。

さておき。
テイタニアイケメンな話である。
ATがCGになったために作画で安定感が得られた半面、イマイチ動きが軽いなあとか。ATというよりACのような機動だなあとか。ガン=カタへのオマージュはもうちょっとがんばらないとあざといだけだよなあとか。アゴが短ければ顔面のバランスがいいんだろうけどなあとか。思わないこともないわけではないが、オオムネよし。

« アニメ 『赫奕たる異端』 | トップページ | アニメ 『装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/54683219

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ 『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び』:

« アニメ 『赫奕たる異端』 | トップページ | アニメ 『装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック