« 読物 『グラマリエの魔法家族』 | トップページ | 読物 『邪空の王』 »

2012年2月 6日 (月)

Skyrim of Venomina その1

魔法使いでやってみる気になった。
1stプレイでは実績を100%解除できないことが明らかになったためでもある。

ブレトン女。
キャラメイクでどうもテンションが上がらず、女性キャラを美麗にするMODを導入することにした。
あれこれいじらなくてもとりあえずマンゾクなカンジになったので名前をテキトーにつけてゲームスタート。しかし、のちに眉が薄すぎることが発覚したのだが後の祭り。
普段は自キャラのケツしか見てないからいいんだけれども、SS撮るときには気になる。

しばらく遊んで魔術師プレイはムリだと分かったので、軽装魔術師にする。世間とキャラのレベルギャップが厳しいカンジ。
破壊魔法で攻撃するスタンスだと防御系スキルが伸びにくい。魔法が効きにくいMOBが二、三体INCすると無理ゲーになる。ファルメル、ドラウグル、フォースウォーンの中級が難敵になる。
オラフ王がどうにも強敵で、遠距離から弓による隠密射撃、物陰に潜む、を繰り返すうちに、Skyrimでも1プルができることがわかったことは収穫だった。後に赤鷹に応用しようとしてあっさり見破られたオチがあるが、レベルによってかキャラによってか、索敵レンジあるいはアグロレンジが異なる模様。

とっとと古き神々装備を入手してSSを撮ろう・・・
20120206_00001
・・・と思っていたのだが、いつの間にか遊び倒してドラゴン装備解禁の方が先になってしまった。

20120206_00002

序盤で早々とリディアが死に、なんとなくDeadra道を進むに迷いはなくなった。

« 読物 『グラマリエの魔法家族』 | トップページ | 読物 『邪空の王』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/53913668

この記事へのトラックバック一覧です: Skyrim of Venomina その1:

« 読物 『グラマリエの魔法家族』 | トップページ | 読物 『邪空の王』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック