« 講習会@渋谷 | トップページ | 読物 『ダーク・ソード』 »

2011年12月22日 (木)

Skyrim of Breus その1

Oblivionでは、メインクエストを進めすぎていろいろと難を感じることがあった。
オブリビオン界攻略は楽しいものだが、自レベルを考慮しないといけない風味があって、低レベルで進行してしまうと装備が微妙になってしまったり、メインクエストの進行状況によっては発生しないクエストもあったり。
そんなことがあったため、Skyrimでは寄り道をメインにしている。

ウィンターホールド大学のクエストのため、召還術を使えるようにしたり。
20111214_00001

Oblivionでお気に入りのスタイルになった重装で隠密狙撃。超遠距離からヘッドショットが決まって喜んでみたり。
20111220_00001

アズラの星クエストを達成した結果、数百年間デイドラに仕え、孤独に過ごしてきたダークエルフは自らの主にいとまを与えられた。ご苦労さん、じゃあね、なカンジである。旅の供を申し出、断られたなら、もはや守る必要もない祠を守って生涯を過ごすという。
コンパニオンは美人化MODが使えるようになったらと考えていたが、荷物持ちにつれて行くことにした。けっこうな暴れん坊で、隠密行動を無碍にされたことも少なからず。
TESはIVからの縁だが、いわゆるクラス制ではなく、スキル制のシステムである。TRPGのシステムでいうとRQに似た印象を得る。つまり、体力の許す限り、どんな武装も可能である。この女司祭は当初ローブ姿だったが、いつのまにか持たせた荷物を装備するようになっていた。
20111222_00001

さて、あちこち放浪してシャウトも幾つか習得したものの、ドラゴンソウルを獲得しても、シャウトが有効にならない。
メインクエストを進めていないのが原因なのか。

« 講習会@渋谷 | トップページ | 読物 『ダーク・ソード』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

ドラゴンソウルはシャウト画面でアンロックする必要がありますよ

早速試してみました。確かにありました、「解除」のメニューが!
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/53540364

この記事へのトラックバック一覧です: Skyrim of Breus その1:

« 講習会@渋谷 | トップページ | 読物 『ダーク・ソード』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック