« 読物 『気分爽快! 身体革命』 | トップページ | 読物 『ユリイカ 2009年4月号』 »

2011年12月 3日 (土)

読物 『ゼロ年代SF傑作選』

秋山センセが新作を刊行するらしいので、つい、気がゆるんで入手に至ってしまった。
以下、表紙裏の目録順に。

秋山瑞人
「おれはミサイル」
 語るまでもない。未読者は人生を損している。

冲方丁
「マルドゥック・スクランブル"104"」
 「マルドゥック・ベロシティ」と「マルドゥック・スクランブル」の間に当たる、ボイルドとウフコックのエピソード。
 どんなエピソードも可な土台を作り上げている、ということになろうか。

海猫沢めろん
「アリスの心臓」
 うだうだ。読んだことのない作家だが、今後も読むことはなかろう。

桜坂洋
「エキストラ・ラウンド」
 「スラム・オンライン」はネットゲームをではなく、ゲーセンの格闘ゲームをネットをツールとして使用して語ったものだと感じている。
 「ソードアート・オンライン」は、我が身の知らぬネトゲである。
 どちらも個人に帰結しすぎているからだ。
 ネトゲってのは、もっと殺伐とした(ry

新城カズマ
「アンジー・クレイマーにさよならを」
 初見は「マップス」の小説アンソロジー集だった。正直おもしろくなかったが、この物語は面白い。
 「サマー/タイム/トラベラー」とやら、読んでみるとしよう。

西島大介
「Atmosphere」
 なんでこの本に載っているのか分からない。

長谷敏司
「地には豊穣」
 なんというか、「ストーカー」か。

元長柾木
「デイドリーム、鳥のように」
 エロゲとかギャルゲに特別強いナニカを持っているつもりはないが、それらのジャンルに特有のナニが含有していて微妙である。西尾系。


DB02、ホントに出るんだろうなあ。



« 読物 『気分爽快! 身体革命』 | トップページ | 読物 『ユリイカ 2009年4月号』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おおう。これはそういえば読んでませんでした。『おれはミサイル』も載ってるのか。
いただいておきましょう。

読んでください。
そして乾いてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/53390477

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『ゼロ年代SF傑作選』:

« 読物 『気分爽快! 身体革命』 | トップページ | 読物 『ユリイカ 2009年4月号』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック