« 読物 『吉鷹弘の打撃革命』 | トップページ | 読物 『天才・伊藤昇と伊藤式胴体トレーニング「胴体力」入門』 »

2011年11月 1日 (火)

私的炒飯考

手製炒飯は上手くできたり出来なかったりするものだが、おおよそ結果は事前準備をぬかりなく行っていたかどうかに依存する。

ご飯をよそっておく。
卵を割っておく。
投入する具材を並べておく。
一つでも欠けていると焼きめし風なナニカになる。
あとはまあ火力。
しくじっても、中華あじと塩胡椒を使っておけば食えるナニカになる。
先日、市販の瓶詰め刻みニンニクを投入してみたらいい味になった。

最近、やたらとニンニクが食べたくなる。
ラーメン屋でもニンニクトッピング、パスタはペペロンチーノ。実家で料理するときはニンニクの素揚げ。
なんだろ。

« 読物 『吉鷹弘の打撃革命』 | トップページ | 読物 『天才・伊藤昇と伊藤式胴体トレーニング「胴体力」入門』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

チャーハンにもフッ素加工フライパンが家庭では適しているのではないかと、最近とくに意を強くしているところであります。
どうしてだろ。やっぱコゲつかないから火が通りやすいのか。あるいは厚みの問題で保温性がいいのか。よくわかりませんが、パラッとしあがりやすい気がします。

コーティングが剥げる弱点、なんとかなんないもんなんですかね~。
いっそのことフッ素100%のフライパンとかつくればいいのに。無理なのかなぁ。

壊れないもの作りすぎると売り上げが(ry
フッ素加工だからといって油を使わないのもよくないようですな。

フライパンに対してはもっぱら木のしゃもじを使用しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/53135081

この記事へのトラックバック一覧です: 私的炒飯考:

« 読物 『吉鷹弘の打撃革命』 | トップページ | 読物 『天才・伊藤昇と伊藤式胴体トレーニング「胴体力」入門』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック