« 読物 『ビッグバン宇宙論』 | トップページ | ゲーム PS3版『カルドセプト エキスパンション・プラス』 »

2011年7月10日 (日)

読物 『東電OL殺人事件』

どんな事件なのかまるで知らなかった。特に興味もなかった。
著者に対してちょっとした違和感を覚えたので、その違和感の正体を知るためにもう数冊読んでみることにして、最近キーワード的に優位となっていたからであろう、『東電』を冠する本書を選んだ。着手に至る動機としてはその程度のものだった。

これはなんだ。
チャンドラーか、梅原猛か。
『世界ケンカ旅行』か。

先だって『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』を読んでいなければ、我が無知にさした光明と感じたかもしれない。
しかしながら。
個人的には旬を逃したということになろう。

« 読物 『ビッグバン宇宙論』 | トップページ | ゲーム PS3版『カルドセプト エキスパンション・プラス』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なんか俄然、旬になってきたようでございますよ?
ぜんぜんおぼえてないから読み直してみなきゃ。

こういうこともあるもんですねえ。

ちなみに旬というのは個人的なことで、検察についてかつて無知だったのが、いまではほんのちょっと知恵をつけていい気になってるというか。

読み返したら、印象をお聞かせくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/52169680

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『東電OL殺人事件』:

« 読物 『ビッグバン宇宙論』 | トップページ | ゲーム PS3版『カルドセプト エキスパンション・プラス』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック