« ぜんとうきん理論 | トップページ | 漫画 『デビルマンレディー』 »

2011年3月 3日 (木)

漫画 『砂の薔薇』

まったくもって、いまさらであるが。

アニマルハウスを購読していた当時、まるでスルーしていたことに、たぶん、理由はない。
敢えて理由をつけるなら、『ベルセルク』を渇望していた当時、女性が主人公の青年漫画にはまるで興味がなかったということになるが、だとしても一読もしていないという事実は我ながら驚愕に値する。さらに理由をつけるなら、歪み始めた絵を毛嫌いしたということになろうか。

そうして時は過ぎ。どこかでなにかを求めていたとき、ふとオススメする評を目にした。
それが、いまさらながらの理由である。

面白い。
八巻で息切れ。以下惰性だとしても。

物語の落とし所となった、ヒロインであるマリーの因縁話は、全15巻のものとしてはいささかナニで、当初はもっと尺の短いストーリーを構想していたと思われる。

昔の漫画および漫画家に対しては思い出補正が強度にかかり気味で、昔は良かった的な感覚に陥りがちだが、そうではないことを思い出させてくれた。初めてこれを感じさせてくれたのは二十年ほど前、松本零士であったことは奇しなる縁というべきか。

『エリア88』の最初のOVAが観たくなってしまった。

« ぜんとうきん理論 | トップページ | 漫画 『デビルマンレディー』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

懐かしい…といいつつ、ほとんど憶えてないボクがいます。

新谷かおるは、なんというか…。
熱中した時期があり、そのあとやや醒め、しかし見直し、今は温かい気分でその名を口にします。「新谷かおる」と発音するときの奇妙な温かい気分が変(笑

『エリア88』さえ今は散逸してしまっています。まともにそろってるのは『ガッデム』くらい…。好きだったんですけどね。
でも、とくに女性のキテレツなプロポーションは、何とも言いようがなかったなぁ(笑

『ガッデム』『左のオクロック』あたりはウハウハしながら読んでいたように思うのです。

わりと、「あらま」てな終わり方をする作品ばかり引いてしまったためか、私も生温かくなりかけ、冷めたような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/51019340

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画 『砂の薔薇』:

« ぜんとうきん理論 | トップページ | 漫画 『デビルマンレディー』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック