« 激しく舞翔ぶ邪妖精たちが | トップページ | 読物 『狼と香辛料 ⅩⅤ』 »

2011年1月16日 (日)

読物 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1~7』

舌の根も乾かぬうちに。

なにやらアニメ12話は GOOD END で、15話が TRUE END だとかいう情報を目にしてしまい、小説のつくりが気になってしまったという経緯はさておき。

5巻を転機に、なにやら風合いが変わったようである。近頃では小説版ハルヒに感じたそれと似ている。
制作者サイドがナニカと戦っていたようでもある4巻まではこりゃあ面白えってカンジだったのだが、刊行ペースのせいなのか、7巻なんかはエロゲ的無理展開なカンジであり、ギョーカイでありがちなハーレムでセカイな局所解に陥らんとしているようである。

期せずしてまた、「今後が楽しみ」な作品となってしまった。

« 激しく舞翔ぶ邪妖精たちが | トップページ | 読物 『狼と香辛料 ⅩⅤ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/50604679

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1~7』:

« 激しく舞翔ぶ邪妖精たちが | トップページ | 読物 『狼と香辛料 ⅩⅤ』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック