« 読物 『戦国自衛隊』 | トップページ | 読物 『産霊山秘録(むすびのやまひろく)』 »

2010年12月15日 (水)

読物 『神狩り』

少年キャプテンに連載されていた、岡昌平の作画による白蘭花『機神兵団』にやられてしまったのは高校生だった時のこと。情報の補完を求めて原作小説に手をだし、おおこりゃおもしれえとのめりこみ、最終巻で自らの顎が外れる音を聞いた。

以来、山田正紀は鬼門だった。

ながい、ながい供養の時を経て、アレはナニカの間違いだったのかもしれないと思えるようになったためか、タイトル名に惹かれていた本書に手をだす気になった。

とてもおもしろい。
うれしいことに、続刊があるらしい。

どれどれと書評に目を通してみたところ、どうやら読むべきではないようである。
書評を鵜呑みにするつもりはないが、平井和正とか神林長平とかで積まされた要らんケイケンが、鵜呑みでいいじゃんと諭しにかかる。

帝都物語電脳編とか雪風とかGA無双話とかを思い出させられた。

« 読物 『戦国自衛隊』 | トップページ | 読物 『産霊山秘録(むすびのやまひろく)』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

うひょ。こりゃまた懐かしい。これと『弥勒戦争』は、少年時代、なんておもしろいんだろうと熱狂しましたよ。
そっかー。これは今、読んでもおもしろいですか。再読してみようかな。
続編はねぇ…。
まあ、オススメはようせんですわ~。

初読だから・・・という事情を察していただければとも思いますが、個人的には些細なアレコレを考えさせない勢いのある作品であったように思われます。
この評価が気のせいかどうか、『弥勒戦争』も手をつけてみるとしましょうw

同時期の作品として、石川賢の作画によるウルトラマンタロウも似たような題材を扱っているのですが、神に対するこれら著者の姿勢には元ネタがあるのかどうか気になるところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/50308965

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『神狩り』:

« 読物 『戦国自衛隊』 | トップページ | 読物 『産霊山秘録(むすびのやまひろく)』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック