« Xperia, 2nd Step | トップページ | Xperia, 3rd Step:Wifi接続 »

2010年10月 3日 (日)

参鶏湯を食す

鳥のレシピを探していたら、参鶏湯というものに巡り会った。一年くらい前のことだろうか。
ふむ、と読み進めるが、ちょっと気合いをいれないといかん類のレシピであり、自作は断念した。

知ってしばらく経った頃、わりと近辺に食べさせる店を見出した。参鶏湯がウリらしい。でかでかと看板に書いてある。
近いうちに挑戦しようと思えど、なんとなくタイミングを逸し続け、先日、ついに果たしてきた。

2600円という単価は一人前とは思えない。一人で完食できるものかと問えば、是という。
ならば食べねばなるまい。

薬膳らしい。
高麗人参、銀杏、干しナツメ、栗、松の実が入っていたように思う。それに、わたをぬいて餅米をつめた鶏。骨つき。軟骨がうめぇんだよ、軟骨がぁ。

鶏が大好きならば一人で食べきれるだろうが、そうでもないなら2~3人で分けた方が無難であろう。スパイシーな味付けで、土用の鰻と同じように夏に食べてもいいらしいが、夏に食べなくて正解といわざるを得ない。
鶏が大好きなので問題なく食べきった。食べた直後は二度目はないかなwとか思ったが、また食べたいと思わなくもない。

« Xperia, 2nd Step | トップページ | Xperia, 3rd Step:Wifi接続 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

学生時代韓国料理店で3年くらいバイトしてまして、サムゲタンも時々お給仕してました。

その店では、最初鳥が丸のまま入っているので、途中で料理バサミを使って肉をさばかなくてはならなくて、ペーペーには給仕できない難しい料理で緊張しました。

しかも、鳥の皮と脂肪が苦手なワタクシには尻尾のぷよぷよが気持ち悪くていつも吐きそうでした。
今でもサムゲタンといえばぷよぷよとしてトラウマなのです。

おいしいのに・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/49636257

この記事へのトラックバック一覧です: 参鶏湯を食す:

« Xperia, 2nd Step | トップページ | Xperia, 3rd Step:Wifi接続 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック