« 雌獅子珈琲飴 | トップページ | 読物 『シベリア抑留』 »

2010年9月12日 (日)

読物 『コップクラフト』

警官が魔法を使うかどうかは知らないが、国家権力に属する人々がそれをよくすることは知られている。
国会議員は少なくとも戦後継続して使ってきたようだし、最近では検察庁関係者も使うようだ。

タイトルが謳うほど魔法っぽいものは表出していない。
マイアミバイスとサイバーパンクと魔法を足して割ったような案配で、魔界都市を1000倍に薄めたカンジ。完成度は低くはないが、なんか、いろいろと物足りない。
ハートマン軍曹金言集をバイブルとするウジ虫どもには、作中に登場する神父的商人の言動は一読に値するかもしれない。

ともあれ、文筆業界にもジャンプ的編集指導が標準となってきているらしい。

« 雌獅子珈琲飴 | トップページ | 読物 『シベリア抑留』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/49429513

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『コップクラフト』:

« 雌獅子珈琲飴 | トップページ | 読物 『シベリア抑留』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック