« 読物 『武術「奥義」の科学』 | トップページ | 読物 『コップクラフト』 »

2010年9月10日 (金)

雌獅子珈琲飴

ここ最近読んでいるもののなかに、収監の風景を描いているものが少なからずあった。
そのいずれにだったか、「受刑者には飴は『カンロ飴』しか認められないが、なんだか例外的に所内の売店で『ライオネス・コーヒーキャンディ』が手に入る」云々と記されていた。

これがいけなかった。

少女とリスが登場し、リスがキャンディをカリコリするCMでお馴染みの、あのテーマソングが脳内をリフレインしだした。
そして、しばし。
スーパーやコンビニに立ち寄っては、飴のコーナーを目で探る日々が続いた。

意外にないものである。
とあるスーパーで見かけたのは、どれくらい経ってからのことだっただろうか。

食してみると、記憶にあるとおりの味がする。
件の読物では、「所内ではコーヒーが飲めない(一日一杯だったかもしれない)ので、ライオネス・コーヒーキャンディは、コーヒー好きには福音であった」的なことが記されていた。
コーヒーは通常ブラックで飲むが、コーヒーキャンディの甘さは悪くない。

気づけばむさぼり食っていた。常習性がある。
一日で一袋空になるイキオイだ。

あまりにもやばいので、職場の人々に配布した。
脳内リフレインは鳴りやんだが、思い出してしまった味に若干の戦慄を禁じ得ない。

« 読物 『武術「奥義」の科学』 | トップページ | 読物 『コップクラフト』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

漢字で書くとあんまりおいしそうにみえないですなあ。
中国語?

コーヒー味のお菓子というと、メーカーは忘れたけど「コーヒービート」っていうコーヒー豆の形をした小粒のチョコ菓子がコーヒー&チョコ両方の味が生きていてうまかったですが、今もあるのかな。
好吃、好吃。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/49406017

この記事へのトラックバック一覧です: 雌獅子珈琲飴:

« 読物 『武術「奥義」の科学』 | トップページ | 読物 『コップクラフト』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック