« 読物 『他力』 | トップページ | 読物 『魔法戦士リウイ』 »

2010年8月 3日 (火)

読物 『狼と香辛料 ⅩⅡ』

『聖女の遺骨求む』という作品があったなあと、ふと。
好きな作家が愛読しているということでシリーズ一巻だけ読んでみたけれど、ミステリーなのであわなかった。

ごく狭い範囲で耳に届くアレコレからすると、「ラノベの愉しみ」というものはどうやらキャラクター同士のくだらん掛け合いにあるようで、TRPGリプレイが流行った頃、TRPGはやらないがリプレイは楽しく読むという層があると知ったときのことが思い出される。

個人的には、この作品に求める主たる楽しみは「商材」。
方向性が見つからなくて無理やりひねりだしたかに見えるクエストに、サブクエストを強引に挿入してやりくりしているという構図は楽しめていない。
どのような着地をするのかと見守ってきたが、もういいかなと思わなくもない。

« 読物 『他力』 | トップページ | 読物 『魔法戦士リウイ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/49044263

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『狼と香辛料 ⅩⅡ』 :

« 読物 『他力』 | トップページ | 読物 『魔法戦士リウイ』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック