« "Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000" ダメぽ | トップページ | Oblivion of first "DLC6 Fighter's Stronghold" »

2010年5月12日 (水)

厚いとんかつの店

昨年春、転勤で転籍した拳士から、当地に来訪予定がある旨、連絡を受けた。
仕事が多忙なこともあり、引っ越した先で都合のよい稽古場を見つけていないという。もくろみとしては久々に稽古したいということだったが、あいにくと先月今月は稽古日が常とは異なっており、本日は稽古がない。

とりあえず飯を食うことにする。

メールを数度やりとりしているうちに、転勤の直前話題に出た「日本一とんかつの厚い店」を思い出し、いろいろ画策して実現の運びとなった。
そのためだけにヘルメットが持参され、久々の二ケツにて店に赴く。心配された雨天は幸いなことにその気配もないが、数日前とはうってかわって肌寒い。微妙な日ごろの行い加減である。

何年か前に足を運んだとき以来のトラウマは、飯の盛りである。そのときのことは、どんぶりに山と盛られてきた米を、なんとか完食したということしか思い出せない。
今回は事前にその旨を告げ、飯の盛りは加減してもらうことにしたが、とんかつと併せて食せば満腹もいいところで、あきらかに食い過ぎである。2cmのヒレカツを食したが、この上のサイズは挑戦する気にもなれない。

食休みという習慣などもちあわせていないが、休まなくては二ケツで駅まで送り届けようなどという気にはなれず、二時間あまりをとんかつ屋で過ごす。話題はもちろん少林寺拳法で、昨今の我が身の発見などを語り、彼のその気を誘う。

釣ってみれば、合気道を始めたことをカミングアウトした。
印象を尋ねてみたところ、あえてそうしているのか、そのような体系がないのか、いずれかは不明だが、才能に大きく依存するという意味において、理合の体得は理屈ではなくフィーリングによるところが大きいらしい。これは、武術を始める前から我が身が抱いていた印象と重なるものである。
少林寺拳法で学んだ経験が合気道の技術習得に多いに役立っており、枝葉の差異などとともに、到達点は同様であろうというということを語ってくれた。これは、武術を始めてから我が身が抱くようになった印象と重なるものである。

重心を強く意識する昨今、太極拳に興味があることを打ち明けつつ話は弾んだが、楽しい時間は過ぎるのが早い。

「日本一とんかつの厚い店」が、「世界一とんかつの厚い店」になっていたことは余談である。

« "Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000" ダメぽ | トップページ | Oblivion of first "DLC6 Fighter's Stronghold" »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そっかあ、世界一になっていたのか。次に行く時には宇宙一になっているに違いない。ネタとしては面白いが、さすがにこの年齢で2cmトンカツはもういいな。20年近い昔に喰ったときに悪夢を見たのだから、現在、何をかいわんや。豚にも油にも山盛りのご飯にも憎しみが湧いた。彼らは全然悪くないのにな。


合気は植芝盛平や塩田剛三の技や理合はかなり失われているような気がする。本人が「伝えなかった」と言ってたくらいだしな。また、弟子が「体得できなかった」ものもたくさんあるだろう。

まあ、エグい時代に、エグい修練(戦地での中国人捕虜に対する人体実験的な攻撃も含めて)で天才が体得した理合を平和な時代に育った者たちが習得できるというほうがおかしい気がする。

でもまあ一度くらい要予約な10cmのトンカツを目の当たりにしたいとは思うのだ。
5人くらいで当たれば完食できるだろう。

俺様ちゃんのような凡人が、創始者や高弟らが体得した境地に至ることは不可能だとしても、そのエッセンスは正しく伝わっており、それをベースに学んでいけるのだろうと思ってきた。
合気道に限らず、当流も失われているものは少なからずと感じられる昨今。
あえて伝えなかったもののほかに、あまりに基本すぎて、あまりにあたりまえであるがゆえに言葉が残っていない、あるいは基本こそ重要であるがゆえに口伝としたようなところが、後継者の質によって失伝しているような気がしてならない。
たかが二段の思うところなので、勘違いかもしれんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/48343171

この記事へのトラックバック一覧です: 厚いとんかつの店:

« "Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000" ダメぽ | トップページ | Oblivion of first "DLC6 Fighter's Stronghold" »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック