« Oblivion of first "DLC6 Fighter's Stronghold" | トップページ | 営業電話ふろむヨコハマ »

2010年5月21日 (金)

衝撃の数千件

ほとんど毎週のようにご連絡させていただいているのだが、2010/04/01からなんの進展もない。
ITによる業務改善提案事業に対して疑念がもたれるようになって久しいが、このような顧客由来による事態の遅延がコスト増大の一因となり、失敗するプロジェクトの大きな要因になりうることはあまり知られていないように思う。
期間などの制約がなく、必要なとき必要なだけご利用いただける我が身のような立場は、ニッチな需要として意外に市場があるのではないかと思われるが、コンプライアンスが声高に叫ばれる昨今では、信頼できる縁故関係でもなければ実現には至らないかもしれない。

さて、およそ二千件の、わりとカオスなデータを精査することになりそうな昨今、恐るべき事にそれが紙面で提供されようとしていたことが明らかになった。

システムは汎用機だが、バックアップはとっているということなので、データは人類に易しいなんらかの形で提供され、任意の加工が可能であるに違いないと思い込んでいたが、バックアップデータは人類に易しくない形式でしか取得できず、テーブルからデータを吸い出すにも、なんらかの仕組みを新たに用意する必要がある。これにはコストが発生するかもしれないということともども、本日、ふとした会話から明らかになったのである。

可能ならば電子データでご提供くださいと申し上げたものの、なんか大事になりそうだったので、コストがかかるようなら紙面でやらせていただきますと申し添えたが、顧客にとっては、どこでコストをかけるかという問題になろう。

電子データなら数時間の作業が、十数時間を要する作業になるだけで、なんの問題もない。
当方のコストは、成果ベースではなく、人日ベースであり、請求書にデータエントリの項目を設けさせていただくことになるだけだ。

« Oblivion of first "DLC6 Fighter's Stronghold" | トップページ | 営業電話ふろむヨコハマ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

紙面って――――……イジメ?
やりたくねーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

時間も、肉体的精神的労苦も多大になり、さらに正確性すら怪しくなってくる。さらっと吸い出せよ~~……

いずれにしても、肩凝り眼精疲労頭痛に悩まされることが明らかな作業ではある、が。

電子データで貰えるとばかり思っていたので、すごい罠だった。
電子データだと思っていたから成果物もなんとなく見えていたけれど、紙面ベースとなると、どういう形の成果物を求めているのか解らない。

もらった紙にマーカーで色分けした資料なんかじゃ突き返されるだろうし、そう考えれば当然、データを電子化する必要があるわけで。

紙面となったらその旨前もって言っておこうっと。考えている以上に費用が発生しますよ、と。

釈迦に説法がわかりきってるので、おずおずと言いだすのですが…OCRとかダメなんですか?
何年か前、なんかでいっぺん使ったことがあって、技術の進歩ってすごいなぁと思ったのですが、それってカンチガイでチンケな認識だったのでしょうか(←情弱
チェックするのは人力だから一緒なのかな…。

OCRはずいぶんと昔に使って、「大雑把には使える」という認識を得たまま、その認識を改めるには至っておりませんでした。
・・・奧さん、最近のはスゴイんですか?

アイデア、頂戴いたします。
入力の手間が省けるのは大いに助かるので、一つ試してみます。
・・・紙面が連続紙とかじゃなければw

汎用機でデータのバックアップを採取できるのにPCに出せない、ってことは、マシンに付いてるデータ出力機器が「磁気テープ装置」、または「IBMフォーマットのFDD」しかないということが考えられる。
磁気テープ装置しかないのならお手上げヽ(^o^)丿だけど、IBMフォーマットのFDDでデータを出せるのなら、こんなソフトが使える。
 52DISKL
http://www.adv.co.jp/products/product_52DISKL32.htm
昔は、汎用機→ワークステーション→PC上のこのソフトでDOS形式に変換、とかしてたものだ。

数千件程度のデータならFDDに収まるだろう。

安いソフトじゃないから、もらえるお金と天秤にかけて・・・

いただくお仕事は基本断れないとはいえ、あんまりしんどいのはヤですなあ。

他の仕事にも影響が出たりしても困りますしね。

>せんせ~
「磁気媒体でバックアップを取っていたこともあった」と、過去形にしていたこと、以前はMOを使用していたことなどから、今ではMOよりは新式の別のナニかを使っているような印象を受けたけど、実態は問わなかった。
端末エミュレータを使ってPCで接続しているというので、何らかの方法でPCからDBA的なデータ操作できるものと予断してしまい、気にもとめなかった。

ご紹介いただいたソフト、値段は手頃だけど、報酬と比べると微妙w


>つっきーどん
ニッチの厳しいところでございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/48416759

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の数千件:

« Oblivion of first "DLC6 Fighter's Stronghold" | トップページ | 営業電話ふろむヨコハマ »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック