« Oblivion of first NPC観察とか | トップページ | 厚いとんかつの店 »

2010年5月12日 (水)

"Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000" ダメぽ

Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000だが、PC起動時に認識しないことがある。

これで何度目か、ついにブチ切れて、自宅に現存する唯一のUSBキーボードであるPS2キーボードを使用することにした。マウスは自宅に現存するブツのうち比較的マシなMicorosoftの廉価版茄子型光学式5ボタンの初期型で、経年効果により、ボタンやホイールのパフォーマンスが劇的に悪化している。

PS2のキーボードはLinuxセットに同梱のもので、Altキーの位置が絶妙であるため、予備キーボードとしての位置づけを揺るがされることはなかった。早晩、リプレイスされることであろう。
マウスもどうにかせねばならないが、反応しないマウスよりは我慢ができる。

さて、現在使用しているPCは昨年11月から使用しているものだが、無線式以外のユーザインタフェースについて使用感をもったことはなかった。
同PCはBTO品だがスペックはそこそこ悪くないはずで、なのにパフォーマンスが唐突かつ劇的に、また不定期に悪化することがある。そんなときでもリソース的には余力があるようで、原因不明だった。
昨晩、USB式のユーザインタフェースを装備し、数時間使ってみたところ、同現象は発生しなかった。サンプリングが少ないので直感にすぎないのだが、無線のI/O遅延なのかもしれない。
そのような不具合報告は見出していないが、いずれにせよPCに挿すUSB無線インターフェイスに問題があることは体感できていて、不良品の可能性もある。

Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000は実に潔い仕様で、無線以外一切のインターフェイスを持ち合わせていない。ESCキーが小さい、Functionキーが小さい、マウスのサイドボタンが小さく位置が悪い、などの問題があるにせよ、キータッチやマウスの把持感などの使用感はとてもよいので、できれば再利用したいところであり、USBの口を持ってればと思わずにはいられない。
SANYOの充電式電池セット買ったばかりなのにorz

« Oblivion of first NPC観察とか | トップページ | 厚いとんかつの店 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/48339298

この記事へのトラックバック一覧です: "Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000" ダメぽ:

« Oblivion of first NPC観察とか | トップページ | 厚いとんかつの店 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック