« Oblivion of first User Interface覚書 | トップページ | Oblivion of first NPC観察とか »

2010年5月 8日 (土)

11年目のCB

聞くも語るも涙な事由で単車更新を断念した昨年。
十万なんぼかけて車検更新を行い、いろいろ部品も変えてもらったが、調子は悪い。

エンジンからの異音は昨年から気になっていて、車検整備で改善されるかと思いきや果たされず、そのままにしておいたのだが、つい先日、駆動が非効率的であると体感できるようになった。チェーンによる駆動ロスが体感できるというのは相当の損耗であろう。
GW中だったが即座に作業依頼をだし、昨日準備OKとの連絡をもらい、本日、換装してもらった。

作業中、代車を借りて乗り回していたのだが、ケツと腰が痛くなった。
代車はHONDAのXR250。キーエントリーがへたれるのはHONDAの特性なのか。この車両も、我が車両と同様、鍵がうまくはいらない。
単気筒は腰に来る。狭いシートはケツに来る。
排気音がうるさい割に駆動力がなく、単車屋で数度エンストさせた。無意識のうちに、操作の情報源として音に相当依存しているらしいことに気づかされた次第。
慣れればなんということはなく。違う単車に乗るのは面白く、肩肘の脱力はオン車よりオフ車の方がなしやすいことなど実感しなおしたが、ケツが痛くなるのでは楽しみきれない。

時間をつぶしていると電話連絡があり、チェーン換装は修了したが、左のフロントフォークからオイル漏れがあるという。オイル漏れは左だけだが、両方の交換をオススメします、いちまんごせんえんくらいです、というので、数秒の逡巡の後、依頼した。
昨年から半年間で十四万なんぼ。買い換えればこの程度ですむはずもないが、いい加減ガタが来ていることは燃費からも明かで、メンテも馬鹿にならない。

電話を切った後、昨年11月の車検時にフロントフォークのオイルシールについて換装を依頼した覚えがあるような気がしてきた。電話をかけ直し、整備の履歴を確認してもらったところ、確かにそのような記録があるという。
まあ、いろいろなんだが、こちらが口を開くよりも先に、代案を提案してきた。部品代だけもっていただければ、問題の箇所のみ工賃なしで対応するという。部品代はと問えば、530円とのこと。
いちまんごせんなんぼからごひゃくさんじゅうえんに。

作業終了後、説明を聞いてみれば、フロントフォークというものは、思った以上に可動範囲が広いらしく、フォーク上部のパーツに錆や傷などがあると、それがシールを破損させることもあるという。今回のことはそれが原因かと尋ねてみれば、そうとは言い切れないといい、まあ、いろいろ、なんだ。

老朽車両に、どれほどつぎ込むことになるのだろうか。
単車屋の駐車場にとめられた、客のものらしい新型V-Maxを眺めながら、そんなことを思ったり思わなかったり。

とはいえ、チェーンを換えて、劇的に快適になった単車を駆れば、もうしばらくはつきあってやろうかなどという気にもなる。

« Oblivion of first User Interface覚書 | トップページ | Oblivion of first NPC観察とか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パーツ関係の細かいことはよくわかりませんが、金額的にすごく得した感はつたわってきます。
総体として得だったのかどうか、単車に疎い私にはよくわかりませんが、デキの悪い子ほど可愛いものですからね~。

ここ何年か、スクータータイプの中型をよく見ますね。ああいうのって、どうなんでしょ。単車好きはああいうの好まないんじゃないかなぁと思ったりしますが…。
金田モデルとか流行ったら、道路の風景も楽しくなりそう(笑

ビッグスクーターとか呼ばれているようですが、このタイプの登場により、バイク市場が活性化したと聞いいています。が、個人的には興味ありませんw
乗ったことありますが、なんか、おもしろくないんです。

金田モデルは、単車に乗るようになる前は純粋に憧れしましたが、今思うのは、曲がれないだろうということと、スピード感が半端でないだろうということですw
公道を走るには、ある程度視点の高さが必要と思われますので、見通しの悪さからスリルも半端ではないと思われます。

あれで高野龍神スカイラインみたいなところを攻めたら、皆転落するか、壁に張りつくことになるだろうと思うと・・・
楽しいですねw

二十数年前に庭で弟にトライアルバイクを特訓されましたが、夏休みだったので半パンでやってたらコケたときマフラー(だったかな)に当たって弁慶の内側の皮がべろんになりました。十年くらいは痕残ってました。

大学でもちょっと乗りましたが、雪の日に学校(山の上)に行こうとしてこけまくり、それ以来「どうもバイクは向いていないようだ」とあきらめました。

かつて、半袖でこけて肘のあたりをずるむけにしました。
雪の日、こけはしませんでしたがどうにも登れないことも確かめもしました。

人間は、痛い目を見ないと学ばない動物なのかもしれません。

ブイマと比べてるあたり、デカいCBなのかい? のわりには250が台車とか?

タイトルだけ見たら、コーナーバックかと思ったよ。アメフトでもしているのかと。他にはCowboy BebopかCherry boyくらいしか知らんな。 

CBは400。
2007年頃、V-Maxを購入検討し、大型免許を取得した。
新型V-Maxが発売されるとの情報を得て購入を見送ったのだが、新型が300まんえんwとかで、旧型最終モデルの購入検討に移行したのだが、故あって果たせず今に至る。

Cowboy Bebopからは12年か・・・
やべえなw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/48305214

この記事へのトラックバック一覧です: 11年目のCB:

« Oblivion of first User Interface覚書 | トップページ | Oblivion of first NPC観察とか »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック