« Oblivion of first Miscellaneous MOD とか | トップページ | Entertaimental Apathy »

2010年4月30日 (金)

長持ち電池

2010/02/24頃入れ替えた電池は、2010/04/30の朝、事切れていた。
前回の電池切れの際には、Wireless Mouse上部の赤色LEDが点滅したものだが、今回はそれもなく、突然死の様相を呈している。

「長持ち」が謳い文句だったため、にわかにはそうと信じられず、電池を挿入し直してみたり、PCを再起動してみたりしたのだが、替えの電池を使ってみたら問題なく動作したので、ここでようやく電池切れであると確信に至った。
ブツはPanasonic EVOLTAである。

アルカリ電池はどうも突然逝くケースしか記憶になく、どうにも印象がよろしくない。
"Microsoft Wireless Comfort 5000"という製品も同様で、初期導入からトラブルがあり、反応が悪く、これが原因でWin7の第一印象を悪からしめ、誤解を与えてくれた。1mそこそこの距離で、その間、雑多なモノが散乱しているとはいえ、Blutoothとはこうまで反応が悪いものなのか。
反応が悪いからこそ電池切れが早いのではないかと疑いもする。
ずいぶんと前にもMicrosoftのHuman Interfaceだかナンダカを導入してドはまりしたのに、全く懲りていないことになる。

PC更新を契機として、全く不要ながら遊び心で導入した機器であり、必要性は全く感じていない。キーボードの特殊すぎるキー配置も難で、どことなくシアーハートアタックを彷彿とさせるマウス(落とすと、重量感のある破壊的な音がする)に若干の愛着はあるものの、廃止を考えていないわけでもない。

前回の電池切れまで約三ヶ月間、今回の電池切れまで約二ヶ月間。
次回はどうだろう。

« Oblivion of first Miscellaneous MOD とか | トップページ | Entertaimental Apathy »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おお、あの、電池でロボットが山登りしたり、飛行機が飛んだりするヤツでしたか。
実は私も何度か使っております。釣りのとき、エサのエビを生かしておくために電池式エアポンプが必要でして、チョロい電池だとすぐにパワーが落ちるので、アルカリ電池を何種類か試しました。

それほどちゃんと持続時間を計ったことはありませんが、まあまあ、パワーが出て長持ちしましたけどね。
しかしコスト・パフォーマンスが悪い気はしました。効果がビックリするほどではないという感じで。
釣り頻度が落ちた最近は、安い電池ばかり使っております。いい電池を買っても自然放電するだけなので(笑

しかし、こういう話を聞くと、ワイヤレスに移行するのがヤになっちゃますな。
PS/2マウスって、さいきん見ないですねぇ。アレでいいのに。

電池式のエアポンプなんてものがあるんですな。そのうち全自動釣り人くんとか発売されたりして。

机の上を整理するか、PCと機器の間をクリアにせよということなのかもしれませんが、ワイヤレスのメリットの一つにはやはり雑然とした環境の刷新を図るという点があると思うので、ちょっとやそっとの混沌でとまどってもらっては困るというところです。
購入時に、ポジティブな感想を見つけられなかったので、いやな予感はしていたんですが、参考になったようで幸いですw

PS2のワイヤレスコントローラー、Wiiのコントローラーが乾電池動作なのだが、当然のことながら消費が激しいので、充電池を使用してます。
サンヨーのエネループ。
以前のは満充電しておいても放置しとくと空になってたけど、こいつはまったくヘイキ。
たぶん、2-3ヶ月は放置しといても大丈夫なんじゃなかろうか。

こちらを使用するのもありでは。

ぬ、そいつはいいことを聞いた。
試してみよう。ありがとう。

命拾いしたな、"Microsoft Wireless Comfort 5000"w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/48219175

この記事へのトラックバック一覧です: 長持ち電池:

« Oblivion of first Miscellaneous MOD とか | トップページ | Entertaimental Apathy »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック