« 読物 『コンサルタントの危ない流儀』 | トップページ | 優 »

2010年3月11日 (木)

ふくらむ電池

ウィルコムがやう゛ぁいという情報は昨年いつごろかに入手して、さてどうすっかとケータイを見に行き、サービスとコストが全然理解できなかったので見送ることにした。
本格的にやう゛ぁいという事態に陥っても、先の事情から浮沈を見守ることにしていたので特にアクションは起こさずにいたわけであるが。

本日、我がPHSにかつてない触感を得た。
何かと思えば、ケース背面のバッテリーケースのカバーが持ち上がっている。もういい加減古いものなので、外れたかと思いつつ、そうではないことを察しながらカバーを外してみると、バッテリーがふくらんでいることを目視確認できた。

とりあえずバッテリーの市場価格を調べてみると、新品4200円、オークション品800円。
4200円ならウィルコムを見捨てることもやぶさかではないが、800円なら現状維持の心情を保てる。

さて。

« 読物 『コンサルタントの危ない流儀』 | トップページ | 優 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この機会にケータイに替えましょう!

謎の料金体系、多機能という名のカツアゲ、選択基準のわからないニュースの配信、広告の押し売り、迷惑メールの連発、ムダに解像度の高いカメラ、どうでもいいですが最凶の携帯「小説」…。
こんなふざけたアレコレを一発クリアできるケータイがあります。
その名は「高齢者向け携帯」!
無駄な機能はほとんどなし。そのぶん電池の持ちも良好なようです。
眼疾を持つ妻は高齢者向け携帯で、オレもそれにすりゃよかったと絶賛後悔中です。

なんかGoogleの予測によると、3年くらいでPCの利用者は激減し、携帯端末がとってかわるらしいです。

これを真と受け止めると、携帯端末の多機能化はとどまることをしらないだろうという悲観的観測とともに、くだらないらしいコンテンツがくだらなくなくなるかもしれないという希望的観測ももてます。

高齢者向け携帯について検索してみたら、Auのサイトがヒットしたのでのぞいてみたら、なんてわかりにくいサイトであることか! デザインに機能性が含まれることを理解していないサイトが、どうにも多いと感じる昨今です。
私の購買意欲は、いよいよ減退していますw

甥っ子がもってたやたらと小さいウォークマン携帯(au)がいっそ潔くていい感じでした。カメラとかついていなくて、フツーの二つ折りの半分くらいの大きさなのです。
でも今はもう無いかも。無駄にモデルチェンジ速いですよ、ケータイは。

膨らんだ電池はそのままにしとくとそのうちバクハツしたりしないんでしょうか?ぜひ極限まで観察日記(写真入りで)つけてください。

バクハツすることもあるようですが、そうでなくとも、燃えたり、毒液が漏れだしたりロクなことはありません。
不要にリスキーな生活に突入してしまったということですな。

電解液は有機溶剤ですのでいかにも体に悪そうです。

携帯は体に隣接する機会が多いので早く電池を交換することをお勧めします。

今は使い方によっては携帯の方が安くなる気がしますが…

早めに変えたいのだけれど、800円で入札したアイテムが810円に!

確かにWin7は終わってる感漂ってるけど、いまのとこ携帯じゃビジネスはできんし、Googleの調査はどういうユーザを対象にしたのかなあ。
PCゲーム市場のことよくしらんけど、そういう方面もだいぶ凹んでるってことなんだろうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/47783386

この記事へのトラックバック一覧です: ふくらむ電池:

« 読物 『コンサルタントの危ない流儀』 | トップページ | 優 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック