« 読物 『柳生兵庫助』 | トップページ | 読物 『狼と香辛料 ⅩⅠ』 »

2010年1月24日 (日)

読物 『忍びの国』

このタイトル、サムネイル化されたカバー装丁画像が、第一印象として牧歌的なものを我が身に植え付けた。

その内容はあにはらんや、忍術ならぬ忍略なるものを無情に描いたもので、直前に読んだ『柳生兵庫助』の一時代前となる舞台設定であることに奇しなる縁を覚えつつも、喜び狂いながらむさぼるように読んだ。

ほぼ同年代の著者がもつ、忍者というものに対するイメージはたぶん、我が身がもつそれと大きく異なるものではない。狂気から覚めさせられた終盤、そんなことを思うようになった。

嗜好の作品となりえたかもしれない。

戦闘描写に終始した終盤の展開が、非常に残念な作品だった。

« 読物 『柳生兵庫助』 | トップページ | 読物 『狼と香辛料 ⅩⅠ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

個人的には『のぼうの城』のが好みでした。
『小太郎の左腕』もなかなかいいです。

Amazonの書評見ると、いずれの作品も星1つをつけてる方が一人いて、酷評なすってますな。

『のぼうの城』にそそられましたが、物語の完成度に期待して『小太郎の左腕』を試してみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/47378403

この記事へのトラックバック一覧です: 読物 『忍びの国』:

« 読物 『柳生兵庫助』 | トップページ | 読物 『狼と香辛料 ⅩⅠ』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック