« Windows 7 Printer Driver | トップページ | アニメ 『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』 »

2009年12月25日 (金)

アニメ 『化物語』

面白かった。

まずはそれを。

戯言シリーズとやらで合わないことは確認済みだったので、見る気は全くなかったのだが、これも縁ということか。

ゴングが鳴り、手四つ。そこからいきなり大技。
パイルドライバーでもブレーンバスターでもよいが、この際バックドロップにしとこう。
バックドロップが着地に至る直前空中回転開始、アイヤー超人プロレスだたアルかってな印象とは裏腹に、勝負の行方から目が離せない。つかみはおっけ~。というか、つかまれっぱなし。
常人の目では追えないアクロバティックかつマニアックな技の応酬、それらはただ眼前を通り過ぎるままに。只人には、二者がリングを派手に、縦横無尽に転げ回っているとしか認識できない。
そして、漫画チックな塵埃が消え去ってみれば、そこで二者はブレイクダンスのフィニッシュを決めている。

そんなカンジな印象の作品であった。
念のため、これは反射的に我が脳裏をかすめた印象を列挙したに過ぎず、プロレスやブレイクダンスになんら恣意を抱いてのことではないことを付記させていただく。

ともかく。
物語にというよりは、一見して実験アニメか低予算アニメという印象を抱かせられる映像に酔わせられたというのが正しいのかもしれない。

通して見て、それなりに事情を集めてみれば、「第一話冒頭の90秒」とやらの印象も変わる。
ファンはきっと、我が身がOVA『ジョジョの奇妙な冒険』のOPを鑑賞したときと同様のエクスタシーを感じたことだろう。

終わったらしいと安心して手を出したら終わってなくて、それでもマンゾクというのは、昨今では『東のエデン』がキオクに新しい。
まだまだ現役、というところか。

« Windows 7 Printer Driver | トップページ | アニメ 『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

私は「戯言」が好きなのですが、この西尾さんの作品はどうも当たりハズレがあって。
作品のできというより私の好みに対してと言う意味ですが。
うまい作家さんだというのはいつもわかるのですが・・・。
で、この「○物語」シリーズはまだ読んでいませんでしたが、アニメが評判と聞いてからはどうしようかなと悩み中です。

『化物語』の小説作品にもちょっとは興味がありますが、またアノ京極まがいの垂れ流しかと思うと読む気になれませぬ。

本作品を気に入ったのも何かの間違いかも・・・と疑っておりますw

アニメが良い出来だっただけではないのかなあ。オレも西尾維新の小説は肌に合わんのだよ。確かにアニメは面白そうだった。未見なのだが、直感としては観れそうな気がした。

>アニメが良い出来だっただけではないのかなあ

1995年だったら、丹念に、舐めるように、隅から隅まで観賞した揚句、あるいは同意したかもしれぬ。

だがこの作品は、純粋にそれと評価するには別の成分が入りすぎていて、全面的に肯定はしかねるが、間違いではないと思う。
がきデカとかマカロニほうれん荘的な意味で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/47111020

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ 『化物語』:

« Windows 7 Printer Driver | トップページ | アニメ 『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック