« アニメ 『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』 | トップページ | 忘年会 »

2009年12月28日 (月)

アニメ 『空の境界 第七章 殺人考察(後)』

小説版を確かに読んだはずで、しかしながら暴れん坊の荒耶宗蓮が暴れたという記憶しかなく、いくらなんでもそりゃねえべと、我が身の哀れな記憶力を嘆きつつ、とまあ建前はこの辺で、記憶にないということはその程度の出来だったのか、思い出したくもないということで間違いなかろうと確信はしているものの、とはいえ多少はどんな話だったか思い出したくもあり、ともあれ供養のためにアニメ版の鑑賞を決意したわけである。

結局やっぱりなんだかよくわからない。

少なくとも、どんな話だったかはわかったので、当初の目的は果たしたことになる。
早くもうろおぼえなのだが、アニメ第一話あたりで前のめりにさせられた覚えもあり、それより後を鑑賞した印象と比すると、物語にではなく映像に、らしいことも確認できたことになろうか。

« アニメ 『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』 | トップページ | 忘年会 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

読んだのはさすがにちゃりさんより最近のはずですが…かなり忘れているなぁ…。やたら悪そうなオヤジがいちびってた記憶しかすでに。

雰囲気とイキオイでやっちゃえ! という原作が、アニメではどうなってるのかちょっと興味が出ました。
が、少々きつそうなアニメですねぇ…。

>やたら悪そうなオヤジがいちびってた記憶しかすでに。
たった二例でありますが、この辺が常人の反応であるらしいということがわかり、得心した次第であります。

>アニメ
ビジュアルなのでその分わかりやすくなっていますが、『魔界都市<新宿>』や『妖獣都市』のような説明不要のナニはないので、奈須学になじめない方には間違いなくきついでしょう。
セカイ系というくくりでなら『スカイクロラ』の方がオススメです。

『空の境界』のアニメは第一話しか観ておらず、そのときはあまりのがっかりに気分が滅入った覚えがある。こういえばオレは筋金入りの『空の境界』ファンに聞こえるかもしれないが、全然そんなことはない。しかし「奈須きのこ」ファンではないかと言えばそうではない。ビジュアルノベルという面だけであるならばけっこうな「奈須きのこ」ファンだ。下手くそではあったが『月姫』は面白かった。読ませるだけのナニかがあった。独特のリズムもあの頃にはすでにあった。むろんこのリズムやしつこい文体は好き嫌いが大きく分かれるところだろう。ただそれもビジュアルノベルでは活きていたと思うのだ。『Fate』では文章もけっこう上手になっていた。そしてやはり面白かった。『月姫PLUS-DISC』や『歌月十夜』、『Melty Blood』『Melty Blood Re・ACT』、『Fate/hollow ataraxia』などは、しっかりと楽しめるのだ。『428 〜封鎖された渋谷で〜』のボーナスシナリオはぐるるんが買って家にあるのだがやっていない。しかし小説よりは楽しめるのではないかと思っている。

小説はどれもこれも面白くない。『空の境界』しかり『DDD』しかり。きのこは影響を受けた作家をいろいろ挙げているが、まずはソノラマ臭が強いと感じる。そしてそのソノラマ的ということに関して言えば、それは本家本元のやつらのほうが遙かに上手で面白いわけだ。小説という形式に少なくとも現在までは剥いていないのではないかとさえ思える。

『魔法使いの夜』は今度ビジュアルノベルになるので、その中で読めば面白いのではないだろうかと思っている。昔から思っていたが奈須はこの時代に適応して現れた「ビジュアルノベル特化型」といえるシナリオライターなのではないだろうか。そしてそのようなやつは他にも見受けることが出来る。ビジュアルノベルという形式のみで面白いと思える描き方ができる作家。これはこれで能力であるし、たとえば小説家が逆にビジュアルノベルですぐに面白いものを書けるかといえば、そうじゃない面々も多かろうと思う。また逆に、ビジュアルノベルの世界で成功せず、その後小説の世界で成功する人間も出始めている。つまりこのふたつの分野は似ているようで微妙に違う資質が求められており、両方巧くやれる人間もいるが、それは単に両方の資質を持ち合わせているというに過ぎず、基本的にはどちらかが突出しているのが普通なのだろうと思う。そして奈須はビジュアルノベルの特徴を巧く使えるシナリオライターなのだろうと言うのがオレの見解だ。

ただ、『Notes.』や『Talk.』『tale』といった『月姫』由来の短編はそれなりに読めるのだよなあ。これは『月姫』の世界ありきだとは思うのだが、もしかするといったんビジュアルノベルとして完成させたものについては小説でもそれなりには書けるのかもしれない。もちろんすっごい面白いというほどではないが。

しかし、いくら『月姫』や『Fate』が面白いなどと言っても、服部堂さんあたりに勧めるわけにはいかない。愛妻や愛娘の横でエロゲーは出来んだろうwww

また『スカイクロラ』を勧めるちゃりもどうかと思うぞ。服部堂さん、寝るかも知れんぜwww

ああ、あと、タイプムーンのアニメ作品はどれもクソだな。

>ビジュアルノベル特化型
これは同意だ。
だが、これはゲームの練度の問題かもしれんが、幾度も同じ文章を読まされるのはたまらんな。
分岐ごとに別の文章用意しとけよってカンジ。
と、「アーチャーに似ている」とそそのかされてFateをやらかした俺様が通りましたよ。

>『スカイクロラ』
最悪よりはマシなご提案ということさ。

んでは、月姫とデートに行ってくる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/47139396

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ 『空の境界 第七章 殺人考察(後)』:

« アニメ 『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』 | トップページ | 忘年会 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック