« Windows7 Second impression | トップページ | 読物 『ドラゴンランス秘史 青きドラゴン女卿の竜』 »

2009年11月29日 (日)

Win7 雑感

今回、新PC購入に踏み切ったのは、ハードウェアのジェネレーションギャップに、見事にハマったせいでもある。だからといって、ネトゲもやっていない昨今、こんなに頑張らなくてもいいんじゃと後悔するようなスペックのブツを購入してしまったことはともかく、本日ようやくにしてなし得た調査結果からすると、旧PCの死因はHDDのシステムドライブがトんだためらしい。トんだ原因はわからないが、おそらくはダメもとで試みたリカバリだろう。

なぜこんな調査をしなかったのかというと、SATAが接続できる機器が他に所有していなかったからだ。内臓HDDをUSB接続にするケースは所有しているが、うまく認識できない場合があり、調査の場合あてにならない。予備PCはWin2Kで、USB接続できますスゴいです的なロートルだ。調査したくてもできないジレンマがPC更新に踏み切らせた最大の要因ではあるが、依然として同様の問題は抱えたままとなる。
新PCにはホットプラグ対応のHDDスロットをオプションで追加したのだが、旧PCに使っていたSATA HDDがホットプラグ非対応という罠で、ブート時に接続していないと認識できなかった。体験版FinalDataを使用して、ようやくHDDの破損が原因らしいと突き止めたわけである。
突き止めたはいいが、この状態で無線キーボードが使えないという罠が待っていた。ハードウェアが悪いのかOSのせいなのかは不明。デバイスマネージャでは無線装置がUnknownになっている。競合してるということなのか。ともあれ、有線キーボードが手放せない。

PC自作をやめた最大の理由は、パーツ流用が思うに任せなくなったからだ。スペックオタクではないので、そこそこ使えていればよく、使いにくいと感じた部品を交換する具合だったのだが、インターフェイスの盛衰が著しく、アホらしくなってしまったからだ。
おかげでPC無限増殖地獄からは脱却できたが、予備PCを一度でも持ってしまうとなしにはいられないという新たなハマり道に踏み込んでしまったことになる。
Win2Kマシンは一生現役なのかもしれない。

さておき、Win7。ひょっとしたらVistaからある機能かもしれないが、Vistaはスルーした身の上であることをお断りさせていただいた上で、以下のような雑感を記す。

エクスプローラは、ツリー表示できることがわかった。
なんか、フォルダ構成を解析しているらしく、OS様がユーザに自信を持って情報を提供できると確信できるまではツリー表示をさせないようにみえる。

画面が小さく感じるのは、Clear Typeとかいうフォントのせいだと思われる。紙面の文字と同じように見えるフォントだそうで、これによってディスプレイの世代感が一世代逆行したカンジ。
確かに見やすいが、それなりの高解像度を愛する身の上としては、いまひとつありがたくない。(「1920x1080の画面サンプル」をダウンロード

マウスのホイールボタンがAlt+Tabと似たような機能を提供するようになっている。マウスへの依存度を高めてもよいと思わせる機能ではある。

タスクバーがいわゆるランチャー機能を強化しているようで、これは便利かもしれない。 Microsoftが目指しているらしいホームコンピュータへの道を着実に歩んでいるということなのか。キーボード離れを狙っていると感じられる。

IE。現時点で対応するソフトウェアが限られているので、仕方なく使用している。使い勝手はFirefoxに近い。タブブラウザはDonutR、Sleipnir、Firefoxと乗り換えてきているが、世間の動向には全くの無知であり、これがパクりなのか世間の主流であるかなのかは不明である。似ているのだが、使いにくい印象はあるので、はやいところFirefoxに戻りたいところである。

一番良い点は、購入後、即といえるほど手間無く使えたことで、これはBTOでプリインストールのためかもしれないが、つまりはWin7はホームコンピュータということであろう。企業が培ってきた複雑怪奇なネットワークに接続しようとするとき、同じ程度の利便性があるのかどうか。これまでの経験からすると、より一層難しくなっているのではないかと邪推してしまう。リカバリも同様に不安ではあるが、XPが壊れにくいOSだったので、かつてよりは安心していいのだろう、きっと。


なお、IMEは以前にみがきをかけてアホになっている。

« Windows7 Second impression | トップページ | 読物 『ドラゴンランス秘史 青きドラゴン女卿の竜』 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

なるほど~。Clear Typeフォントはちょっと見てみたいなあ。その逆行感も含めて。
あと今はIEくらいしか動かんのん?全然調べてないからわからんのやけど。あとどっかでアップグレード版はいったんXPなりをインストールしておいて、そこからアップグレードというカタチで7をインストールせなあかんとか見たような気がするが、それやったらゴミ残りそうやねえ・・・。ちょっと高かろうが、通常版を買うか、プリインストールモデルにするかかなあ・・・あほくさ。

IMEはそんなにバカになってるのか、なんで?WWW 俺はATOK使ってるから問題ないけど。

ううう、前半は理解できませんでした。

IEはインターネットエクスプローラーのことですよね、今まで何も考えずにずーっと使ってきているのですが、そんなにイケテナイやつなんですか、これ?

とりあえず今度営業さんが来たときに真面目に話を聞こうとは思いました。

帰宅したらキャプチャ画像張ってみるわさ。

Operaは使う気になれず、Sleipnirも似たような状況だろうと考えて、Firefoxと「似た」使用感のあるIEでいいやと短絡している次第。

XPからはインストールはできないと聞いたな。Vistaからはできるとかなんとか。もはや無関係だから興味なしw

IMEって、初期状態はそこそこまともなはずなんだけどなあ。理由など知らないし知りたくもない。氏ね、というところ。
一太郎の対応状況みたら一瞥してよくわからんかったのでほったらかしにしてるけど、そのうちATOK入れると思う。

>つっき~様
前半はたわごとですので、お気になさらずに。

IE、アウトルックは、その歴史的な経緯で個人的にネガティブな印象があり、なるべく使いたくないのです。
以前のIEは他のブラウザに比べてかなり後塵を拝していたのですが、パナソニック的追従により現在はそれなりに使えるようになっているようです。

OSと深く結びついてるので、本当に便利に使いたかったらIEを使うべきなんでしょうが、OSと深く結びついているがゆえにウィルスなどの攻撃対象になりやすいとか、そんなカンジで受け止めておいてください。

ちと見づらいが本文中にサンプル画像のリンクを貼った。
ご参考まで。

今帰った。
あーなるほど。わざわざサンキュw

むかしドット屋だった俺的に言うと、アンチがかかったように見えるな。ていうか間違いなくアンチだw ちゃりなら言わずと分かるだろうが、アンチエイリアスのことね。PCエンジン時代などは特にチマチマ、チマチマ、アンチを打っていたもんだよ。キャラだろうが、文字だろうがね。

なるほどねえ、そうきたか。いや、ありがと。

Unix系GUIやMacで既にやってたことをようやくってとこかのう。

職場PC(1280x1024、WinXP)の画面と比べると、表示行数で4行ほど少ない。ClearType使用時の体感的な画面の広さは、XPにおける同程度の設定時のおよそ80%程度と感じられる。
元々文字を大きくして使ってた人には福音かもしれんね。

ドット屋ってなにしてたん?

なるほどね-。俺もちゃりと同じく高解像度を愛する身だが、一応今は1920x1080で、しかも27インチモニターだから、多少なら我慢できる。

俺のゲーム屋人生はグラフィッカーから始まったのよ。ドッターでも良いが。高校3年の時に熊本のアルファシステムという会社でバイトしはじめて、大学卒業まではそこでグラフィックやってたんだよ。おもにPCエンジン、とくにロムロムのゲームが多かったけど、PCゲームのグラフィックも多少やったよ。企画をやるようになったのは、卒業後横浜で入った会社からだね。

その27"が若干狭くなると考えていいと思う。俺のは23"だけど、XPで使用していた時と比較して一目瞭然だった。

アルファはガンパレしかしらんけど、いろいろ移植もしていたようね。
横浜ではナニを企画したん?

ほほー。まあ若干なら我慢するかあ。

タイトルはあんまり言えんのよ。まあ、問題のなさそうなやつはそのうちフレ限定で日記に書くかも、書かんかも。

俺はまあ、我慢できずに怒りだしたわけだが、壁紙貼ったら鎮まったよ。

壁紙貼るなんてWin95以来だなw

壁紙貼るのか!考えられん・・・ていうか俺もそんな気になってしまうのか??

Win95を死ぬほど再インストールした挙句に学んだのは「Windowsはデフォで使え」ってことで、最小限のカスタマイズで過ごすようになり、それが習慣となった。
当初使っていたAToKも、快適な個人PCと不快適な職場PCの差を感じぬように禁じた。

壁紙などもっての外だったわけだが、パワーのあるPCだし、Aeroがなかなかよいカンジでのう。
昨日、ウィルス対策ソフトが全スキャンしたようだったんだが、気づかずにいたよ。

誤解なきよう、貼ってるのはコレ。『ソス卿の進撃』ね。
http://jeremiah.sakura.ne.jp/garage/wall/wall.html

なるほど。俺もデフォというか、限りなくシンプル、限りなくクラシックスタイルだったわけだが。
そろそろマシンパワーにものを言わせてよしな時代なのだな。一応、Core i7 中心で組む予定だが、今のPCとどれほどの体感差になるのかさっぱり見当がつかん。いまのPCはブルーレイクオリティは紙芝居以下になるし、1280x720でもmp4なら見るにたえん。aviでなんとか。
ネットの重い動画はまずダメ。よく保たせたものだ。

ていうかさ、リンク待機中になりっぱなしで我慢できんのだけど。もう寝る。

おやすみ。

>保たせた
まあ、買い替え時ってことだろう。

俺は、これまで動画の画質に強いこだわりはなかったのだが、今の環境にした途端気になりだした。不思議なものだ。

>リンク
昨日、壁紙貼ったキャプチャ画像Upしようと思ったら、ファイルサイズがでかくてあきらめたのだった。
よくわからんが、オラんとこからはさくっとリンク移動する。気になるようだったら「ソス卿の進撃」でぐぐってくれたまえ。

やっぱ開けん。キャッシュもなくなってるぞ、そのサイト。
ドラゴンランスファインアートの一枚なのか。誰かが壁紙にしているのが小さく映っていたが、かっこよさげだな。

ぬう、DLも可能なのだが・・・

これならどうだ。
http://efigo.jp/index.php?module=Photo&action=PhotoDetail&paid=1330&fid=42721492&phid=fca6ec3f1667da01de9dec3508fd4f2e&rand=13d52

元画像はPNGなのだが、EfigoがうけつけんのでJPGに変換してある。

つか、睡眠時間短いなw

みれたみれた、さんきゅ。かっこいいなw アンデッドの騎馬隊みたいな感じか。塗りも鮮やか系にしては落ち着いていて好きな感じ。

やろうどもが肉を食いに行くぞとソワソワしているので、その”気”に当てられたのだよ。各部屋からボックばりに鬼勁を飛ばしていると思われ。

その一方で、この頃のTSRは革新を求めていたらしく、ドワーフに赤白ストライプのシャツを着せてみたりしていたことは余談である。

さておき、飢えたぐるるんは危険だな。鬼勁もキツかろう。
南無。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/46892901

この記事へのトラックバック一覧です: Win7 雑感:

« Windows7 Second impression | トップページ | 読物 『ドラゴンランス秘史 青きドラゴン女卿の竜』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック