« 漫画 『るくるく』 | トップページ | 読物 『ドラゴンランス戦記』 »

2009年10月29日 (木)

【寺沢尻】ベヨネッタ【本日発売】

正直に告白しよう。
制御できているとは言い難い。ただ状況に反応しているに過ぎない。
『DMC3』もそうだった。だから、ろくに遊びもせず放置してしまったのだろう。
なにが起こっているのか把握できなかったのである。


さておき。
映像とゲームがシームレスに繋がる様は初代PSからは考えられないもので、「あれ、ゲームはじまってんのwww?」みたいな。そんな第一印象。
まず、つかみはおっけ~。

驚くほど下品なスタイリッシュアクション。それが次の印象。
下品はこの際褒め言葉である。

個人的に、コレ系のクールさを感知するセンスは『コブラ』を起源として芽生えたに違いないと断じている。原点にして頂点、そして閾値である。
その基準に照らしあわわせれば、イーブン。『マトリックス』効果や"ジョン=ウー"アクションなど、この手の演出を語る言葉に困らない昨今、ソレ準拠であるところがマイナス。

ベテランの趣味人ならば「ケツの寺沢、尻の桂」という表現に覚えもあろう。
男のケツを描かせたら寺沢武一の右に出るモノはなく、女の尻を描かせたら桂正和を超えるモノはいない。事実はさておき、そのような意の慣用句である。
あえていおう。

本作品は「寺沢の尻」を再評価する作品であると。

その意味でプラs(ry

・・・どことなく『妖獣都市』の香りを漂わせてもいる。


ゲーム性は、第一に述べた『DMC』への個人的不適合から評価する立場を持たない。
絶頂感がブチ続くという謳い文句を体感できるほどゲームがうまくない、ということになろう。

現時点での総評として不満点をあえて述べればロード時間だが、これは光学媒体につきものの現象で、『AC4A』で慣らされた現在、さほどのことはない。
むしろ、ロード時間中にチュートリアルを実行可能としたアイデアを評価すべきと考える。

箱○を持ち合わせていないため、対照は不明である。比較して画質やプレイアビリティに難があるというレビューもあったが、急に遅くなったり、画質が荒れているという印象は特にない。


以下余談。
Amazonで注文した当時、特典CD付の価格は税込み6380円。この価格は発送までの最安値に変動するという。
過去の実績から、どうせ発売日には手元に届くまいと発送状況を確認したところ、昨夜時点で東京の配送センターを出荷している。これはひょっとするとと思っていたら、夕刻には配送済みとなっていた。
また、昨夜時点で同商品の価格は9800円。しかし我が身の注文に変動はなく、注文時の価格で取引は終了した。
Amazonは、やればできる子だった。

« 漫画 『るくるく』 | トップページ | 読物 『ドラゴンランス戦記』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

もうホント、ゲーム情報には疎くなっちゃってるのでよく知りませんでしたが。
これ、神谷秀樹なんですね。

んー。なんだかほしくなってきたなぁ。
新ハード買おうかなぁ…。でもカネないなぁ…。

よし。とりあえず労働組合つくることにします。

神谷秀樹という方には特に印象がありませんでしたが、あらためてプロフィールをみてみれば、作ったタイトルはそれなりに遊んでいるものの、どれも序盤で投げ(ry

・・・とりあえず第三章とやらまで遊んだカンジでは、このゲームほどコンボにやりがいを感じたゲームはない、というところです。

なるほど、よくわからんが、良くできているというところなのか?w

トレーラーなどでは神谷はウデが落ちた、とか言う書き込みなども見ており、「それはやらな分からんやろ」とも思っていたが、まあ良い出来ということでok?

ファミ通でもレビュアーは「興味がなかったが、やってみたらたいへん面白かった」との評があったし、そういうゲームということなのか。

ちゃりが今後「面白い」と言い始めたら、PS3買ったときに買うかもしれない1本にしようw

余談だが、神谷さんもつねに成功していたわけではなく、初ディレクションのバイオ2で失敗している。本人がそう言ってるし、ぼくも当時、やらかしたって思った。本数が売れただけの、つまらん続編だと。初ディレクションという状況下では彼ほどの能力者でも凡庸な作品しか生み出せなかったわけだ。

こないだも言ったけど、ちゃりのマイルストーン、大鷲トリコで海道さんの名前がなかったのが気になってる。上田さんは業界きっての異才で、ディレクションも3本目だが、もし今回海道さん抜きでやるならどうなるか分からないとさえ思っている。海道さんはぼくの元上司。能力のほどはイヤというほど良く知っている。上田さんもおそらく何度も救われてきたことだろう。せっかくの異才天才だけに、迷走しないことを願っている。初、というのはそのくらい難しい。

本稿は第一印象を書き連ねているに過ぎず、俺様ちゃんもまだよく分かってないw
適当にポチポチ押しててもなんとなくスタイリッシュに遊べると分かってきたので、ちょっとずつ楽しくなってきてるカンジかな。

とあるノームの分析に依れば、コンボを続けたくなる理由が本能に直結しているので、その方面からもA-10神経を刺激され、さらにコンボを達成してまた刺激されるのではないかとのこと。

Wikiかなんかにあったけど、海道氏は睡眠障害だそうで、そのあたり影響してたりしないかな? 現在休暇中とか。
ともあれ、信じたので、あとは待つだけデス。

来ましたか、ベヨ姉さん(この愛称がななんかすごくツボなんですけど)。

雑誌の写真で見るとすごくカッコいいですね。

女版『デビル・メイ・クライ』って感じでしょうか?やってないけど。

スタイリッシュアクションってあこがれるのですが、生来のアクション下手なので買うのには勇気が要ります。

ちゃりさんのプレイ日記でやった気分にさせてもらいます。

続報お待ちしています。

PS3版に対する世間の酷評を目にして、ひょっとしたら俺はズレているのかもしれない、ひいき目に見ても現代に来た原始人なみの感性を示しているのかもしれないと思うようになっております。

DMCもさして難しくはありませんでしたが、途中でやめてしまったのは見にくいの一言に尽き、なにをやっているのかよくわからないという点が大きいです。
本作品もそれを基本的に受け継いでいますが、見やすく、遊びやすくなっているように感じられます。

最後までプレイしてオススメと感じたらAmaのリンク張りますので、ぽちっとやってくださいw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/46616323

この記事へのトラックバック一覧です: 【寺沢尻】ベヨネッタ【本日発売】:

« 漫画 『るくるく』 | トップページ | 読物 『ドラゴンランス戦記』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック