« 読物 『特務機関』 | トップページ | 読物 『狼と香辛料Ⅹ』 »

2009年8月27日 (木)

俺学

少林寺拳法の技術の特徴は、故障箇所にもよく現れている。
我が身の場合、それは手首であり、おそらくそれが原因で各指の関節痛に拡大している。
平時はどうということなく、稼動させることによって発生する痛みであり、つき指や骨折ではない。原因不明のまましばし過ぎ、痛みが耐えがたくなり、否応なしに対処を迫られて、特にそれがよいと思ったわけではなく、腕を揉んでみた。前腕には痛みはなく、ただパンパンになっているという具合だけは感じていた。

揉んでみれば、前腕前部肘直下にひどいコリがあり、これを躍起になってほぐしたところ、思いがず手首や拇指の関節痛が緩和した。
指の各関節にも対応しているようで、肘に近いほど指の根元関節(MP関節)、手首に近いほど指先の関節(IP関節)というふうになっているようである。これは、同操作によって、拇指を握りこんで拳を作るだけで生じていた拇指IP関節痛が緩和したという体感に基づくもので、学問的裏づけのあるものではないことを付記する。

先日、唐突に足首が痛くなった。挫いたような痛みである。
稽古の日だったが、特にハードなことをしたわけでもなく、ひねった覚えもない。アレコレ試すうちに、膝下部、ちょうど手首に対する肘下部のそれと対応する部位が硬く凝っていることがわかった。二日がかりでオラオラとほぐしていき、今は具合がよい。
最近は、風邪のひきはじめを感じては両耳下部を揉むということをして、サンプリングが乏しいため効果の実態は不明であるが、症状を抑制、緩和あるいは先延ばしにできることを知った。

肘の周辺。膝の周辺。頸部。
この辺りには、当流が急所と認定する箇所が幾つもある。これは東洋医学と通じるものであり、大雑把に理解したところによれば、痛打すれば急所となり、按摩すればツボとなる。
これを利用する技術の本格的修行は当流三段からの科目にあるが、故障は日々起こっている。それまで待っていられない。

かつては各種マッサージに依存していたが、それらでは対症・根治を強く実感できなかった。
そんなこともあって、根本的な不健康があり、それが弱った部位に発露していると思わなくもないが、根治を求めるすべもなければ俺専用素人療法を編むしかなかろうと感じる次第である。

« 読物 『特務機関』 | トップページ | 読物 『狼と香辛料Ⅹ』 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

通風もちじゃなかったっけ?
元々血行が悪いんじゃないのかな。
最近手の裏、足裏マッサージに凝っているんだけど血行促進はそれだけで凝りや痛みの緩和になる気がするね。

>血行促進はそれだけで凝りや痛みの緩和になる
同意であります。筋肉ってのは存外冷えるものらしい。
実効はさておき、名づけの理論で、痛い処に原因が見つからない場合でも、対処がわかれば安心を得られるというところ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/46034051

この記事へのトラックバック一覧です: 俺学:

« 読物 『特務機関』 | トップページ | 読物 『狼と香辛料Ⅹ』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック