« アニメ 『東のエデン』 | トップページ | 読物 『満州国演義』 »

2009年8月 9日 (日)

ゲーム 『DQⅡ』

おそらくもう2度とはやるまいと思わされたのは、長すぎるパスワード記録もさることながら、早すぎたと思えるロンダルキアの洞窟への到達のために、マゾい思いをさせられたからに違いない。

再び遊ぼうという気になったのは、日記データ移行のためにリンクのはりかえやHTMLの整形を行ったことにより、『ドラゴンクエストⅡ 任侠鉄砲玉伝説』を再読したためであり、これまた久々に遊んだ『DINOSAUR』のマゾさが個人的ロンダルキアの試練を否応なしに思い出させたためであろう。

此度遊んだのはSFC版で、超揮発性メモリ体質である我が身はまるでストーリー進行を覚えておらず、どうしてもわからないところで多少消費してしまった観はあるものの、ほとんど初挑戦の趣であった。
前回難関であった水門のカギは、そもそも水門のカギが必要とわかるまえに入手してしまうなど、そもそも進行らしい進行がないっぽいことに気づかされた。これはおそらくSFC版のゲーム難易度と無関係ではなさそうであり、ラリホーマンセー気味に進攻できたことと無縁ではなく、くわえて金のカギ入手で解禁となった旅の祠によって意図せずして正規手順と外れ気味に進んでしまったこととも無縁ではなさそうである。

今回ロンダルキアの洞窟の到達レベルは23、FC版では27でほとんど全く歯が立たなかったのに対し、危うげにも進めなくはないという具合だった。
ロンダルキアではだから苦戦しまくりで、洞窟踏破後10レベルほど積まねばならず、ハーゴンはともかく、シドーはザラキによって倒す始末となる。

『ドラゴンクエスト』はⅥまで遊んだ記憶があるが、Ⅳはさておき、いわゆるロト伝説が我が身におけるドラクエであるらしいことをなんとなくは察していた。
先日発売されたⅨがいわゆるロト伝説なのかどうか、ちょっと調べただけではわからず食指はやはり動かない。
二度目の挑戦を投げっぱなしのⅢにリトライしてみるか。

« アニメ 『東のエデン』 | トップページ | 読物 『満州国演義』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

HN変える意味ないので戻したりなんかして。

私もⅡはSFC版でした。
FC版とか無理!
なんでしょうかあの小難しさは。SFCでも人に聞きながらでした。
あれがふつうだった時代もあったんですなぁ。

”クエスト”らしさをより前面に出したのでしょうが、自由度の高さには恐れ入ります。反面、今回の私のような進行をしてしまうと、ストーリーがわからないという危険性もあり。
FC版を楽しめたのはきっと、競って終わらせる時期にではなく、誰も遊んでいないような時期に遊んだからかもしれません。自力だったら投げて(ry

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542052/45877787

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム 『DQⅡ』:

« アニメ 『東のエデン』 | トップページ | 読物 『満州国演義』 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック